美少女ゲーム > ドラゴンフライ > 義妹の秘蜜

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年09月20日
年齢指定
作品形式
デジタルノベル / ビジュアルノベル
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for Movie」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「——お話ってなあに? お兄ちゃん」
 ベッドに座った鈴が、まだまだあどけない表情で問いかけてきた。
 鈴は、昨日もらった誕生日プレゼントの大きなウサギの人形を、ぎゅっと抱きしめている。
 確かに鈴は俺の妹だ、——が、血はつながっていない。
 親父が再婚した時の義母さんの連れ子、それが鈴だ。
 しかし、そんなことを知ってか知らずか、鈴は何故だか俺によくなついていた。
 特に俺から何かをしてやったというわけでもないのに不思議なものだ。
 しかし、俺たち家族が「家族ごっこ」を今まで何事もなくやってこれたのも、そんな鈴の存在が大きい。
 だが、「ごっこ」なんて遊びはいつか終わらせなければいけない。
 俺は昨日、鈴の誕生日を祝ってやりながらそう決意していた。
 そして今日、鈴の部屋にこうしてやってきたわけだ。
 俺と鈴との「妹ごっこ」も終わりにしようと——
「鈴は、俺のことが好きか?」
「うんっ! わたし、お兄ちゃん大好き!」
 鈴が笑顔で答える。
「……でもな、鈴。俺は本当のお兄ちゃんじゃないんだよ」
 俺は単刀直入に切り出した。
「えっ? えっ? どういうこと? お兄ちゃん……?」
「血がつながってないんだ、だから本当は他人同士なんだよ、俺と鈴は……」
 その言葉を聞いて、鈴の顔色が変わった。
「そ、そんなのヤダ! わたし、お兄ちゃんとずーっと一緒に居たいもん! 他人だなんて……」
「でも、本当のことだからしょうがないよ。俺と鈴は他人なんだ」
「やだやだやだ! お兄ちゃんと他人だなんて……、ね、ねえ……他人じゃなくなる方法ってないの?」
「……ひとつだけあるにはあるけど、他人じゃなくなる方法が……」
 俺は少し勿体つけて答えた。
「じゃ、じゃあ、その方法でお兄ちゃんとわたしを他人じゃないようにして! お願い! わたし、お兄ちゃんとずーっと一緒に居たいもん!」
「……その方法はすごく大変なんだけど、鈴は我慢できるか?」
「わたし、我慢する! だからその方法でお兄ちゃんとわたしを他人じゃないようにして! お願い!」

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001188
ファイル名/ファイル容量
VJ001188.zip / 242.84MB (254631263Byte)
CPU
Pentium 333MHz以上
メモリ
128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player
ソフ倫受理番号
受理番号0003063D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003063D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「義妹の秘蜜」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件