美少女ゲーム > U・Me SOFT > 柊坂の旧館R -音声無版-

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

そこは、あまり知られていない隠れた温泉街「湯殿ヶ淵」

主人公は、しがないフリーライター。
お約束通り、失業中…さらに悪いことに、しつこい喘息持ち…
そんなわけで、病気療養のため、しばらくここ「湯殿ヶ淵」の温泉旅館でやっかいになることになった。

主人公が宿泊している旅館は、ひなびた感じで居心地の良さそうな古い温泉旅館「仙水館」

この町「湯殿ヶ淵」には、柊坂という遊歩道がある。
柊の木々の間を縫う様に道があることから、そう呼ばれているらしい。
主人公は、この坂道を散歩するのが好きである。
軽い運動にはもってこいだ。

そして、坂を上りきった場所には、古い洋館が建っている。
今は空き家だという。

最初の内は、旅館に訪れるOLや女子学生らと楽しくやっていた。
しか、ある日柊の並木の中で、変死体が発見される。
「仙水館」の女中「美咲」を助手に色々と調べていく内に、この温泉街に昔から伝わる「妖怪伝説」を知ることに。

主人公は、何かいわくありげな空き家の洋館、そして「妖怪伝説」の調査へ本格的に乗り出すのだが…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001169
ファイル名/ファイル容量
VJ001169.zip / 143.28MB (150243364Byte)
CPU
PentiumII 233Mhz以上 / PentiumII 300MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
HDD
185MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
その他
PCM音源対応

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「柊坂の旧館R -音声無版-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!「坂」シリーズ最終作

2007年07月03日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品は「柊坂の旧館」の完全リニューアルした作品でリニューアルを意味するRが
タイトルの最後についているのだ。
完全にリニューアルしただけあって、物語の雰囲気が良くなっていると思う。
原画家「金目鯛ぴんく」の描く綺麗なCGも物語りに彩りをそえてくれる。
綺麗なCGはキャラを美しく見せており、綺麗なCGを描ける原画家の重要性を痛感するのだ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]