美少女ゲーム > APPLE PIE > 禁忌2 ~Hospital Taboo~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 APPLE PIEフォローする
販売日 2005年07月15日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 病院折檻アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

私が彼女と出会ったのは、3年前のことである。
古い友人からの紹介で、看護婦になることを希望しているそうだが、
華奢な体躯と内気な性格は、決して看護婦の仕事に向いているとは思えなかった。
が、まだ幼い体型と無垢な顔立ちは、私のもう1つの心を刺激する。
彼女と別れた後、友人は1つの鍵をプレゼントしてくれた。
彼女がもし、私のいる病院へ勤務することになったら、私に彼女を預けたいというのだ。
私はこの鍵を見た瞬間、1つの古いドアを思い浮かべた。
別れ際、友人は私の耳元で囁く。
「本当に分かり合える人を捜しなさい。彼女は、その道標になってくれる」

今年、彼女は私のいる病院へと赴任してくる。
友人は気付いていたのだろうか。私が、あの部屋を知っているということを。
私の心に棲み付いている淫靡な悪魔の存在を。
けれど、今はそれでも構わない。
私は、私の内に潜める賤しき欲望に身を委ねよう。

さあ、おいでなさい。可愛いお人形たち……。
私をお姉さまと呼ばせてあげるわ……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001137
ファイル名/ファイル容量
VJ001137.zip / 415.72MB (435910095Byte)
CPU
Pentium 133MHz以上 / Pentium 200MHz以上
メモリ
32MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000438D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000438D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「禁忌2 ~Hospital Taboo~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件