美少女ゲーム > D'z > 

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 D'zフォローする
販売日 2005年06月03日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / デジタルエログロノベル(マルチエンディング)
その他
ジャンル

作品内容

安堂麗奈、これが俺の今のオンナだ。そのかわいい顔とそれに似合わぬナイスな身体で、学年でもエライ人気だ。
最初は、恋愛ごっこもした、いろんなトコにも行った…。しかし、最近ではこいつがおっくうでならない。とにかく嫉妬深い。俺の行動をいちいち把握していないと気が済まない。いわゆる重いオンナなのである。
そんな事が面倒で、実は麗奈とは別にちょっと前から榊原美穂と付き合い出していた。こいつがまた軽くていいオンナなのだ。嫉妬とか独占欲とかは全くなく、セックス好きで、思いっきり変態じみていて、もう俺好みっ!
俺は、美穂だけと付き合いたい。俺は、考えた…。ダチの仲田に相談して、麗奈と別れる計画を立てたのだ。実はこの仲田、俺が考えていた以上にとんでもない非道なヤツだった。町の浮浪者に犯させるなんていうのは全然序の口で、俺にはとても考えもつかないような、様々な計画を実行し始めたのだ。オイオイ、やばいって…。

そんな折り、麗奈の親友の東丸彩という女がこの事を嗅ぎつけ、俺との仲を元に戻す為に麗奈に色々とアドバイスし始めたのだ。が、俺の気を引かせようと麗奈を仕掛けるもんだから、これがまたこっちには好都合だった。
ある時は、教師も加わってすごい数の男の精液を浴びたりして、彩のひたむきで健気な協力とは裏腹に、麗奈はドンドン悲惨に…。
彩ってばさぁ…、オマエってなんて可愛いんだ! あれっ? 俺って、彩の事が好きなのか?

勝手に突っ走る極悪「仲田」、元々変態じみた「美穂」、とっても悲惨な「麗奈」、やる事なす事全て裏目の「彩」、移り気で優柔不断な「俺」、この俺達5人の腐った関係は、いったい何処に向かうのだろう……。きっと………。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001086
ファイル名/ファイル容量
VJ001086.zip / 493.59MB
CPU
Pentium 90MHz以上 / Pentium 120MHz以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX3.0以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「吊」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!

2007年10月02日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×1人

女性を性欲の捌け口としてしか扱わない鬼畜主人公が、自分の彼女を陥れていくアドベンチャーゲーム。
選択肢は少なめで、1プレイに5,6箇所。
プレイ時間は1時間もありませんが、グラフィックの数は90年代に発売された作品であることと、DL版1,500円という値段を考えると驚異的です。
回想に追加されるHシーンは20個、そのそれぞれに1,2回アニメーションが挿入されており、収録CG数は差分「含まず」200枚近く!
システム周りもCG・イベント・音楽鑑賞、文章スキップ、無限セーブ・ロード、男性キャラシルエット切り替え、音声・効果音・BGM ON/OFF、アニメON/OFF、など一通り揃ってて快適。
設定とキャラクターデザインが気に入れば、間違いなく「買い」だと思います。

ちなみに「逆吊(さかさつるし)」の方がアニメーションがスムーズで自然になっているので、アニメに拘る方には「逆吊」がおすすめです。
あと時代の関係か携帯電話のグラフィックがさり気なく変わってます。(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]