美少女ゲーム > Studio-Air > はなしずめのまつり−鎮花祭−

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2005年05月27日
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ハートフル伝奇浪漫アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

花と供に撒き散らされる災厄を鎮めるために古来から行われている祭。

 特殊な古神道を継承する神楽崎一族が実権を握る地方都市『葛城市』。
 俺、秋端忍は天然ボケの姉優依と二人暮らしだ。
「うぎゃーーっ!」
 今朝もベッドの中で悲鳴を上げる俺。
 古流武術を習っている優依が俺を起こすために、間接技を掛けたのだ。
「だって忍さん、お姉さんと一緒にお稽古してくれないんですものー」
 俺が文句を言うと、瞳を潤ませる優依。
「忍ちゃん、おそいよー。早くご飯食べないと遅刻しちゃうよー」
 毎朝、朝飯を食べに来る幼なじみめぐみ。
「なんだ、めぐみ。また施しを受けに来たのか」
「ひどいなぁ。忍ちゃんが遅刻しないように迎えにきてるんだよー」
 今日もいつもの朝が始まった。

 しかし、祭りが近づくにつれて、俺の周りでは不思議な事件が起こりはじめた……。


俺、秋端忍は天然ボケの姉優依と二人暮らし。祭りが近づくにつれて、俺の周りでは不思議な事件が……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001073
ファイル名/ファイル容量
VJ001073.zip / 61.67MB (64665741Byte)
CPU
Pentium 133MHz以上
メモリ
64MB以上
HDD
100MB以上
必要解像度
640*480 フルカラー
DirectX
DirectX3.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000378D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000378D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「はなしずめのまつり−鎮花祭−」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件