美少女ゲーム > 覇王 > 人妻折檻倶楽部

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 覇王フォローする
販売日 2005年05月24日
シナリオ 庵乃音人
イラスト なべち
音楽 本山音響
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 人妻折檻アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

人妻……なんて淫らで素敵な響きなのだろう。
人妻たちは、今もひっそりと股間を濡らして、あなたを待っています。
そう。いけない人妻には折檻が必要なんです。
今夜、背徳の扉を開けてみませんか……?

この世に、『人妻』ほど卑猥な存在はない。
真性のサディスト、深町恵介は常日ごろからそう考えていた。
しかし、一度人妻に手を出してトラブルになってからは、自重の日々を送っていた。
そんな折、彼はバーで一人の男と出会う。

酔って意気投合すると、その男はそっとある秘密組織の存在を耳打ちしてくれた。
完全会員制で成立しているその組織の名は『人妻折檻クラブ』
倶楽部専属の美しい人妻奴隷たちを互いにシェアし、思いのままに辱める、というのが
そのコンセプトだ。恵介にとっては夢のような組織だった。

だが、その入会基準は厳しい。
最低一人の人妻折檻奴隷を、倶楽部に提供しなければならないのだ。
もちろんその生贄には、充分な折檻奴隷としての調教と服従が必須条件だ。
だが、それさえクリアすれば……倶楽部所属の人妻たちを、思う存分に嬲れるというわけだ。
願ってもないチャンス。恵介は決心した。
必ず、倶楽部に入会する!
そのためには、悪魔にでも魂を売ろう。

生贄に捧げる人妻の心当たりは3人。
どれも、美貌とプロポーションには全く問題ない。
自然に恵介の口に笑みが浮かんだ。
どの人妻から餌食にしてやろう……いっそ、3人とも……。

こうしてインモラルと淫欲に満ちた日々が始まった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001070
ファイル名/ファイル容量
VJ001070.zip / 394.71MB (413879941Byte)
CPU
Pentium 166MHz 以上 / PentiumII 233MHz以上
メモリ
32MB / 64MB以上
HDD
420MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000393D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000393D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人妻折檻倶楽部」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!良作でした

2007年07月02日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ゲームは、淫乱な人妻たちの性癖をストーキングによって洗い出し、己の性奴とすることを目的とした前半と、倶楽部の折檻奴隷も絡んでくる後半で構成されています。折檻という言葉の響きから、人妻たちを鞭でピシパシしばくような内容を想像される方もいると思いますが、エッチはSMオンリーというわけではありませんので、SM属性の薄い人でも楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]