カイザー・ソゼさんのレビュー一覧

投稿数ランキング : -
総レビュー数 : 3
3件中 1~3件目

ストーリーが展開する、シリーズ第4作。

2007年07月06日  

このレビューは参考になった x 0人

瓜頭(前)
あわたけ
432円 / 40pt (10%還元)
西の林、東の沼、南蓑荷とつづく瓜頭モノ4作目。前編です。瑶子がさらなる調教を受けてゆきます。全裸で野外生活とか。
18禁同人ソフトデジタルコミックHTML+画像PDF同梱
  • 販売日: 2002年11月03日
  • DL : 1070
  • (370)

レビュアーが選んだジャンル :

「瓜頭」と呼ばれる謎の存在に調教されて、露出に目覚めていく少女の様子を描くシリーズ第4作です。
 ストーリーとしては第1作『西の林』の続きで、同じ少女が登場します。

 なお、作者の特徴やセールスポイントについては、シリーズ第1作『西の林』のレビューをご覧ください。

 実は隣町にも「瓜頭」がいることが明らかになったりと、ストーリーが大きく展開して「瓜頭」という存在について少しずつ明らかになっていきます。
 舞台が隣町に移ったことで、地元の人々に露出することに馴れてきてしまっていた少女に(そして読者にも)新しい刺激が与えられて、飽きさせないのはいいですね。

 この作品に興味を持ったのなら、いきなり購入せずに、まずはシリーズ第1作〜3作の中で、興味を惹かれたものを読んでみるのがいいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

露出にこだわった一作!

2007年07月06日  

このレビューは参考になった x 2人

西の林
あわたけ
432円 / 40pt (10%還元)
瓜頭モノの1作目。謎の存在に娘さんが裸にむかれて、調教されてゆく話。いわゆる野外露出調教モノらしき漫画です。
18禁同人ソフトデジタルコミックHTML+画像PDF同梱
  • 販売日: 2002年07月14日
  • DL : 1460
  •     
  • (490)

作者のサイトでイラストを目にして、独特の絵柄と「露出」にこだわる姿勢に惹かれて購入しました。単行本も買いました。
 というか、DLsite.comに登録したのもこの作者の作品が欲しかったからだったりします。

 「瓜頭」と呼ばれる謎の存在に調教されて、露出に目覚めていく少女の様子を描くシリーズの第1作です。
 絵柄はご覧のとおりシンプルですし、性描写も淡白です。興奮できるか——ぶっちゃけて言えば「オカズにできるか」どうかは、「露出」という行為自体に興奮できて、かつこの素朴で垢抜けない女の子のイラストに萌えられるかどうかにかかっています。

 ただ、直接的な性行為よりも「露出」「羞恥」にこだわった描写、閉鎖的な田舎に残っている因習から漂うタブーの香り(「瓜頭」による少女の調教は、昔から続いていることで黙認されています)、そして調教といいつつ無理やりといった感じではなく、陰惨さがない(ここは、人によってはマイナスポイントかもしれませんが)などの点で、個人的にはツボにはまる作者です。

 サイトのイラストや、サンプル画像を見て何か感じるものがあるなら、お手ごろな価格ですし、ためしに購入してみるのがよいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

思い入れしだいで興奮度アップ!

2007年07月06日  

このレビューは参考になった x 3人

オカズの缶詰+
モリハマの診断書
756円 / 70pt (10%還元)
懐かしの二十世紀アニメヒロインを徹底的にマイオカズにする作品です。複合派生+SSで多彩なシチュを表現。下半身の緩んだ彼女達をお楽しみください。
18禁同人ソフトCG+ノベルHTML+画像
  • 販売日: 2006年12月25日
  • DL : 3875
  •    
  • (2292)

レビュアーが選んだジャンル :

懐かしのアニメヒロインを題材にしたイラスト集です。
 しかし、ただのイラスト集ではなく、ショートストーリー(SS)を表示させたり、眼鏡・放尿・ぶっかけなどなどの豊富に用意されたシチュエーションを自由自在に組み合わせて、自分好みのシチュエーションを作り出すことができます。

 サンプルを見てもわかるとおり、イラストのレベルはかなり高く、なかなかの興奮度です。好きなシチュエーションだけを選んで反映できるので、嫌いなシチュエーションが含まれていても問題ナッシング。私はスカトロ目当て(スカトロ描写の有無は最初に選べますので、苦手な方もご安心を)でしたが、こちらも卑語付きでなかなかグッドでした。
 シチュエーションの組み合わせしだいでは、かなり変態的でカオスな状況も作り出せますので、いろいろ組み合わせて楽しんでみましょう(笑)。

 ただ、表示させると肝心のイラストが隠れてしまうので、SSはあまり活用できませんでした。いちおう、不透明度のコントロールはできますが、それでもやっぱり気にはなりますね。
 あと、私は登場するヒロインに思い入れがまったくなかったので、「おすすめ!!」マークとまではいきませんでした……。まぁ、これを「悪い点」として挙げるのはお門違いですけどね。登場するキャラクターは、リンクが張られている作者のサイトで確認できますので、チェックするのをおすすめします。思い入れのあるキャラがいるなら、よりいっそう楽しめるのではないかと思いますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女ゲーム特集

最終更新日:12月8日