「ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!」

ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!。
タイトル ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!
ブランド マリン
作品情報 原画:金城航 シナリオ:はまちょ / 川原圭人 / 須々木鮎尾 / りりあん嬢

ストーリー

主人公・高柳 慎(たかやなぎ しん)は鳳(おおとり)学園の応援団に所属する大学生。
本人は応援団なんて全く興味なかったのだが、義理の姉である高柳侑子(たかやなぎ ゆうこ)に
ムリヤリ入団させられている。応援団の歴史と伝統は長く続いているものの、現在の部員は
主人公と義姉の二人だけの弱小部なので部費も少なく校舎裏の倉庫が部室となっていた。

かたや応援団のライバルである学園のチアリーディング・チーム『パープルフェニックス』は
ここ数年全国大会で優勝をねらう程のチームに成長し、
学園の期待も大きいため部費も多く、選手達専用の宿舎も備えて万全の体制であった。
そのチームのエースに抜擢された雫石 ちえり(しずくいし ちえり)は、
今年こそ優勝をと張り切っていたのだが、ある日、主人公と接触の接触事故で足を捻挫。
大会も迫っている中、エースを怪我させたことで主人公への責任が追及される。

チアリーディング部の監督兼コーチ・鷹山 皐月(たかやま さつき)は、その事態をうけて決断する。
それまで同部のマネージャーをやっていた蔵 真琴(くら まこと)がちえりの代わりに選手として練習参加、そして主人公が真琴の代わりに
マネージャーを含めた雑用をすることに。おまけに、ちえりが担当していた女子寮の管理も、任されることになったのだ。
義姉は主人公をチアリーディング部に取られることに最初は反発するも、この機会に部を貶める作戦を思いつく。
その作戦とは、主人公に出所のあやしい搾乳薬を手渡し、
チアリーダー達をたらしこんで弱みを握り、部を崩壊させるというものだった。
義姉の命令にさからえず、しぶしぶそれを承諾する主人公。

こうして、なし崩し的に、マネージャー兼女子寮の住み込み管理人兼雑用係兼、
応援団のスパイ……にまでなってしまった主人公。
ところが、マネージャーになった初日、コーチである皐月からとんでもない指示が出された。

「チア部員は、羞恥心を克服するためこいつ(主人公)とパイズリ特訓しろ!」

戸惑うチア部員達と主人公。チア一筋で恋愛にも疎い彼女たちが恥じらい戸惑う中、
見本を見せてやるといってコーチは主人公にパイズリをし始める!!

かくして、チア部の美少女達と女子寮生活はインパクトたっぷりに開始されたのだった。

サンプルCG

サンプルCG

登場キャラクター

雫石ちえり
雫石ちえり(しずくいし ちえり) CV:青井美海

勉強は得意でないが、誰かを応援する事が何よりも好きで
自分の応援で相手を元気付けられたらとチアリーダー部に所属している。
男性との付き合いが全く無かったため、
大勢の男性の前で恥ずかしくて人前で大きな声を出せずに悩んでいた。
主人公のせいで足に怪我をしてしまう。
その為、主人公に日常生活(風呂やトイレなど)を手伝ってもらうハメに。
ヒロイン達が住む女子寮の管理人もやっていたので、炊事洗濯などの家事は得意。
しかし、料理の味付けだけは壊滅的。
男性の目の前では萎縮してしまう欠点があったが、
主人公とのスキンシップにより、それを克服していくことに。
蔵真琴
蔵真琴(くら まこと) CV:片倉ひな

付き合いは良い方なので親友であるちえりに誘われるままチアリーダー部のマネージャーに。
動物が大好きで、将来の夢はトリマーになること。
怪我が治らないちえりの為に代わりに試合に出る事に。
小柄でマイペースだが、意外と度胸が据わっている。
料理が得意で、味音痴のちえりの代わりに寮では料理当番だけ担当。
最初はパイズリなんて恥ずかしくてイヤがっているのだが……。
桜美散
桜美散(さくら みちる) CV:青葉りんご

将来は一流のダンサーになることが夢で、チアリーディングもその活動の一環として行っている。
かなりの自信家で、物事を完璧にこなせるようにするための努力は怠らない。
見た目よりも用心深い性格でもあり、主人公が管理人になるのも最初から反対していた。
派手好みで、悪戯好きでもあり、いったん親しくなると自由奔放なところを見せることも。
運動神経抜群であり、タンブリング(床やマットの上で行う跳躍や回転などの運動。バック転など)が軽々できる。
小柄で可愛い外見とは裏腹に気が強い性格である。主人公に対する印象は、『品のないガサツなオトコ』。
パイズリについては『マジ勘弁』だと思ってはいるが、Hなことに興味が無いわけでもない。
早瀬蒔帆
早瀬蒔帆(はやせ まきほ) CV:桜川未央

主人公より1学年上の副キャプテン。
のんきな夕菜にかわりチームのまとめ役をやっている。自分にも他人にも厳しい性格。
ちえり軽々引っ張るなど、細身の割にに力持ちである。
一見するとクールだが、実際は気が強くピュアな性格であり、ちえりに対してはライバル心を燃やしている。
スポーツ等はそつなくこなし、頭も非常に良いが、世間の流行などには疎い一面がある。
部の中ではいちばん大人で、クールな皮肉屋を装っているが、負けず嫌い。ポジションは土台。
寮ではトップレス&パンツのみで生活していたが、主人公が来た事によってタンクトップを着るようになる。
そういう性格のためか、皐月からは『演技に色っぽさが足りない』とダメダシされて凹んでいたところ、
主人公にパイズリする他のヒロイン達の表情を見て、演技の為にパイズリ特訓を励むことになる。
松嶋夕菜
松嶋夕菜(まつしま ゆうな) CV:唯香

主人公より1学年上のチアリーディング部キャプテン。
細やかな気遣いができ、面倒見が良いものの、あまりリーダーシップを発揮せずに
周りの意見に流されやすいので、副キャプテンである蒔帆にいつもしかられている。
とても真面目な性格で普段はおとなしいが、時折、他の部員が背筋を凍らせる威圧感を放つ。
趣味はコスプレで、自分の部屋には様々な衣装を持っている。
夢は自分でウェディングドレスを縫う事。その為に暇な時はレースを編んでいる。
パイズリ特訓については最初とまどっていたものの、主人公に悦んでもらってまんざらでもない様子。
鷹山皐月
鷹山皐月(たかやま さつき) CV:有賀桃

チアリーダー部の鬼コーチ。
破天荒な性格で、チアリーディングの特訓も奇抜なモノが多い。いつも酒を飲んでいる。
衆人環視で行われるチアリーディングで、ヒロイン達が萎縮して結果を出せないのを
何とかしたいと思っていたところ、ちえりの怪我をキッカケに主人公をマネージャーとして引き抜く。
パイズリ特訓について部員達の反論を、
『減るもんじゃなし、パイズリの一つや二つでガタガタ言うな』と一喝。
そして部員達にパイズリを教えるべく主人公と行為を行ってみせる。
本人はパイズリで男を征服するのが好き。
快楽に惚け、自分に情けない顔をみせるときにゾクゾクするようだ。
高柳侑子
高柳侑子(たかやなぎ ゆうこ) CV:民安ともえ

主人公の義姉。皐月とは犬猿の仲。成績優秀で運動神経も抜群。
歴史はあるが廃部寸前の応援団の存続が命。目的の為には手段を選ばないタイプだが、ツメは大変に甘い。
義弟である主人公にチアリーダー部を堕落させてスキャンダルを捏造し、廃部へと追い込もうと画策する。
普段はガクラン&はちまき。普段はさらしで巨乳を隠している。
侑子が応援団に固執するのは過去に主人公が応援団をカッコ良いと尊敬していたからである。

美少女ゲーム特集

最終更新日:1月16日