PCソフト > スミレ > 僕と恋するポンコツアクマ。

{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■□■ストーリー■□■
俺は未曽有の貞操の危機に陥っていた。

「お願い……!後生だから……私に、おち○ちんを触らせてっ……!」
必死に俺のズボンを下ろそうとしている幼馴染によって。

「年頃のサキュバスなのにねんねちゃんなんて、恥ずかしくてお嫁にいけないし……!」
どうも生まれた時からの幼馴染はヒトではなかったらしい。

突然に押し込まれることになった学園の特設寮。
そこは見るも見事、聞くも見事なポンコツアクマたちを集めた女子寮だった。

「7月とは言ってもまだまだ冷える。ぬくもりのお裾分けもらう。ぎゅ」
ふにっふにのクラスメイトは極度の寒がりな雪女。

「動物っていいですよね?お洋服、着なくて許されるんですから。はぁぁ~」
窮屈なのが苦手で開放感を愛する真面目な後輩ミイラっ子。

「ひとつ屋根の下で暮らしてても、お兄ちゃんがイタしてる最中のラッキースケベもないし」
フリーダムで全然慎ましくないブラコン駄天使。

「ものすごい精力増強剤が作れたら、どれだけの人が幸せになるか考えたことはないのかい?」
エロい新薬開発に情熱を燃やす魔女先輩。

ポンコツなマ族たちの更生を目的として集められた寮で、
手違いで入寮してしまった俺は入寮条件の代わりとして、
寮監の仕事を手伝うアシスタント寮監として置いてもらえることになった。

「じゃ、じゃあさ……?蓮くんが、その、先生なら……。
 わたしたちの先生役も、蓮くんがしてくれるってことだよね……?」

こうして、この可愛くてもどうしようもないポンコツアクマたちとの、
健全なオトコのコとして幸せで困る日々が始まったのだった――

■□■登場キャラクター■□■
【ねんねちゃんなサキュバス】
●桐谷 梨々愛 (CV:小倉結衣)
ゆるい空気をまとった子犬系の和み幼なじみ。
難しいことを考えるのは苦手で大抵のことは気にしないでスマイル。
蓮とは両親の代からの付き合いで物心つく前からの幼馴染。
サキュバスなのに極度のねんねちゃんなのが悩みで、正直周りがイラッとするレベルで照れ。
でも本人は真面目。
こうと決めたことは意外に頑固で、ダダをコネだすと強引で勢い任せに突撃するクセがある。主にエロ方面。
ちなみに別にサキュバスだからと言って無節操ではなく、
好きな人への性欲が半端ないだけでむしろ貞操概念は堅い。
「サキュバスを嫁にもらうと夫婦仲も子宝にも恵まれて一家安泰」と言われ、
そんな彼女たちの座右の銘は「ライバルは右手」。
サキュバスの愛液の粘度はペペ級。食べちゃうぞー。

「他の子の方がエロいって言われるの嫌なの!わたしの方がエロいんだもん!もー!」

【義妹ブラコン駄天使】
●藤真 咲莉 (CV:橘まお)
蓮の義妹でお兄ちゃんっ子な駄天使。
さっぱりした性格で蓮と男友達みたいな冗談も言い合える仲。でも妹特権のベタベタ甘えも忘れない。
小さい頃はキューピッド売りのアイドルとして活躍していたけども、
人気取りのためにお笑いバラエティーへの出演を斡旋されて辞め、
そのまま天使の清廉質素な生活に嫌気が差して家出。
その時に出会った蓮に懐いて義妹にまで上り詰めた。
両親が長期不在のため蓮とほぼ二人暮らし。
お兄ちゃんが静かになったのを見計らって急にドアを開けたり、
ゴミ箱のティッシュをチェックしたり、妹は実に多忙である。
ちなみに家柄的にキューピッドの名前の継承権があるが、
「そんなマヨネーズみたいなダッサい名前絶対に嫌」と断固拒否。
でも駄天使の恋のラブアローはお兄ちゃんを猛追中・

「ひとつ屋根の下で暮らしてても、お兄ちゃんがイタしてる最中のラッキースケベもないし」

【超冷え性の人肌恋しい雪女】
●綾崎 優 (CV:歩サラ)
極度の冷え性の雪女。
あまり言葉数が多くはないけどおしゃべり好き。表情変化が乏しいけども感情豊か。女心は難しい。
逆に少し暑いとすぐに汗ダラダラ。辛いものが大好きで新陳代謝が良くすぐに汗ダラダラ。
顔が真っ赤でも「余裕」と意地っ張りで強情。でもすぐヘタれる素直さもある。
だいたい低体温で冷えてるので主人公に引っ付くのが好き。
でも汗かいてるとヌチャっとしたりして、感触と匂いがエロい。
冷ややかに見えて実はヘビーなオナニスト。
閉鎖的な雪女の里で育ったけども、現代っ子らしくPCデバイスで情報収集バッチリ。
そっち側も汗ダラダラでムッチリスケベ。

「7月とは言ってもまだまだ冷える。ぬくもりのお裾分けもらう。ぎゅ」

【締め付け嫌いのミイラ娘】
●有瀬川 アルル (CV:上田朱音)
どうも礼儀正しく真面目で几帳面、常識的なミイラっ子。
ただ体を締め付けるものが苦手で服を着ていられないだけ。
恥ずかしいとは思ってるけども、生理的につらくてお外ではガマンが大変。
ちなみに包帯ぐるぐる巻きはマミーの正装。
日本の和服みたいなもので現代ミイラで来てるのは古風な家だけ。
枕が変わると眠れないタイプなので、実家からマイ棺を持ってきてベッドの上に置いてある。
電気はもちろん冷暖房も完備でものすごい怠惰仕様で快適。
ただ一人の生物部員で学園や寮でもペットの世話をしている。動物はみんな裸でも気にしないので気が楽。
普段服を着てないが故に超敏感肌で、服を意識してしまうと歩くのもままならない。ガマンが大変。
あと健康的な日焼け肌がエロい。

「動物は服を着なくていいのに、何で私たちは裸ではいけないのでしょうか……はぁ……」

【精力薬研究家のおバカ魔女】
●葵 雅妃 (CV:手塚りょうこ)
家業の薬剤師を目指している姉御肌の魔女。
サッバサバとした体育会系で細かいことを気にせず直感的。
難しいことを考えるなら全力で体当たりをするタイプ。
運動部の助っ人を頼まれるレベルで運動が得意。
誰でも分け隔てなく面倒見も良いので人望があるうえに、雑誌モデルのバイトもやっているせいで学園でも有名人。
でも本人はただの頼まれごとなので鼻にかけたりも全然なし。
勉強が壊滅的に苦手なため大雑把に調合を取り扱うので、
両親からは絶対に薬剤師にしてはならないと言われていたが、
あまりに勉強が出来ないため国家資格は絶望的で安心されている。
少子化問題や不妊治療に興味を持っており、
ものすごい精力剤を開発すれば世界中の人たちが幸せになると信じている。
見様見真似のオリジナル新薬の開発に失敗・発情してるせいで、一人エッチ経験値が高かったりする。
ちなみに中に指入れ派。

「ものすごい精力増強剤が作れたら、どれだけの人が幸せになるか考えたことはないのかい?」

作品情報/動作環境

CPU
1.3GHz以上
メモリ
512MB以上 / 1GB以上
必要解像度
1280*800 フルカラー
DirectX
DirectX 9.0c以上

こちらの作品も見られています