PCソフト > Black Rabbit > メイド超狂イク ~服従母娘、孤島の館での淫虐調教~

{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Black Rabbit
最終更新日 2013年12月11日
シナリオ 佐野一馬
イラスト 小林由高 / RED-RUM
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー
戦後の経済成長とともに発展し、政治・経済・裏社会に至るまで多大な影響力を持つ『土鳴財閥』。
その土鳴の血族には、脈々と受け継がれてきた呪いの儀式があった。

<当主となるものは7人の異性に調教を施し、堕落させる>

およそ人間(ヒト)とは思えぬ穢れた行為、しかしそうやって土鳴は今の地位を築いてきた。

ある日、土鳴財閥当主である、啓太郎が急死する。
時を同じくして、主人公の母であり、啓太郎の娘である舞子も過労によりその短い一生に終わりを告げた。

若くして土鳴を捨てた舞子。
主人公『土鳴敬介』は、その母に自分の身の上など全く聞かされることなく育てられた。

天涯孤独の身となった敬介は土鳴財閥に仕える謎の執事烏谷によって
母の出生と、敬介が土鳴財閥の当主候補であり、当主になるためには
課せられた試練をクリアする必要があることを知らせれる。

名もなき孤島の洋館に連れてこられ、当主になることを決意し、試練を受けることになった敬介。
土鳴財閥当主となるため、新たな恥辱と欲望にまみれた宴は始まった。
失敗すれば死、そんな恐ろしい呪いとともに。

烏谷によって連れてこられた麗しいメイド達、
島森淑乃、間辺麗実、新倉愛穂、石渡忍。

時には快楽、時には痛み、巧みに言葉と肉体を駆使し敬介はメイド達を堕落させた。
すべては、当主になるため、死を逃れるため。

やがて、4人の調教をクリアした敬介の元に
さらなる生贄となる『3人の母娘』がやってくる。

土鳴財閥グループ企業 代表取締役 柴垣明優と娘である真沙美と望。
最後の試験をクリアするために与えられた期間は14日。

天国と地獄。
生と死。

敬介に課せられた最後の14日間の幕は今切って落とされた。

こちらの作品も見られています