PCソフト > Black Rabbit > 堕天の記憶 序章 〜淑乃編〜

{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Black Rabbit
最終更新日 2012年08月08日
シナリオ 双葉晶
イラスト 結城焔
声優 響あきら
音楽 くるがみ龍
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

「Black Rabbit」が満を持して送る館メイド調教シリーズ「堕天の記憶」
コンセプトは、“各作品ごとに話が独立している”

「俺は14日間という命がけの調教をすることになった…」

主人公「敬介」が館を訪れるきっかけとは何か、
また何故調教をすることになったのかが、この「序章」(体験版)にて説明されます。

※なお「序章」(体験版)未プレイでも、「麗実編」以降の本編はプレイ可能ですが、
体験版をプレイしていただくことにより、本編がよりお楽しみいただけます。

■ストーリー
主人公の敬介は、一人っ子の浪人生。
父親が愛人を作って離婚したため、あまり裕福とはいえない母子家庭で育った。
高校卒業、大学受験失敗。しばらくして母親が病死。
母親の葬式を取り仕切った烏谷と名乗る土鳴財閥の執事により、とある孤島にある屋敷に案内される。
土鳴財閥は、世界でも有数の財閥で会った事もない祖父が当主だという。
その島で敬介は、遺言により祖父から次期当主候補に指名される。
敬介は初め、当主になることを拒否するが、祖父への恩義を感じ当主になることを決意する。

そんな中でメイドの淑乃と知り合う。
当主になることについて相談して行くうちに茶化されて
「すぐにでも当主になってやる!」と息巻いてしまう。

そのことについて烏谷に相談すると、ある試験を受け合格したならば、
私がすぐにでも当主となれるよう手助けします、と持ちかけられる。

敬介は、試験を受けることにするが、その試験とは女性を服従させるといったものだった。
そして、その対象はメイドの淑乃であった。

■登場キャラクター
●島森淑乃 (CV:響あきら)
恋人の海老塚に頼まれて、ある期間メイドとして働くよう言い渡された。
海老塚にいいように扱われているが、
いつかきっと海老塚も変わってくれるはずだと信じて海老塚に尽くしている。
敬介に対しては、急に当主候補となったことだけを聞いており、優しく接しよう考えている。

●土鳴敬介(主人公)
父親が愛人を作って離婚したため、あまり裕福とはいえない母子家庭で育った。
高校卒業、大学受験失敗。しばらくして母親が病死。
母親の葬式を取り仕切った烏谷と名乗る土鳴財閥の執事により、とある孤島にある屋敷に案内される。

●烏谷満文
天涯孤独となった敬介を引き取りに来た土鳴家の執事。
ダークスーツに烏っぽい顔。
土鳴家のほぼすべての仕事を取り仕切る執事。

●海老塚隆
淑乃の恋人。一見人当たりがよさそうだが、実は自分の損得のみを考えている陰湿な性格。
烏谷から新しいハウスメイドを雇いたいという話を聞き、恋人の淑乃を紹介した。
淑乃を束縛している。よくいえば亭主関白、悪く言うと独善。

こちらの作品も見られています