「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~」のレビュー一覧

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~
日本戦争ゲーム開発
2,052円 / 190pt (10%還元)
橙色の空で繰り広げられる、誰も体験した事がない物語。 世界観と戦闘、そして大解像度のHシーンに拘った本格RPG。
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2017年06月17日
  • DL : 840
  •     
  • (516)

世界観が良い。パロネタ面白い。キャラが濃い。

2017年12月09日   76421 さん

このレビューは参考になった x 0人

世界観もいいけれどそれ以上にパロネタが面白い。
同人作品でなければできないような表現が多数出てくる。
脇役も含め濃いキャラが多数登場。
RPGでゲーム性もしっかりしている(戦闘のシステムはありきたりのものではない)のだけれど、前述の通り世界観、パロネタと脇役が印象に残っているゲーム。
なお、全部クリアするまで10時間弱だった。エロは薄め。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!独特の戦闘システム

2017年11月29日   ふぁるふぁる さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

いつも通り、独特の戦闘システム、パラメータ、個性豊かなボスキャラとの戦闘が楽しめました。
しかし、パラメータなどの説明がある施設の本棚までいかないと読めないので、所持品などに入れて常に読めるようにしてほしいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

独特の世界観

2017年07月03日   源五右衛門 さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

日本戦争ゲーム開発はいつも独特の世界観の作品ですが、そのなかでも特にいい意味でぶっ飛んだ作品です。
橙色の空や屁の力で飛ぶ妖精や怪しい宗教の天使などその世界観に惹きこまれてしまいました。
またゲームシステムもシンプルですが、楽しめるようになっています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

特徴的な戦闘システム

2017年06月30日   ランプ さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

戦闘はFE(空戦エネルギー)という速度ゲージが有り、減速していくFEを加速によって回復しながら行動を確保していく。

FEを上げるために加速をするとSPが減るので、FEとSPの両方を意識しながら戦闘する作りになっている。

物語の世界観は混沌としているけど、ストーリーはシリアス、それでいてマイルドに仕上がっているそんな作品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

橙天の銀翼

2017年06月26日   Tungsten74 さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

戦闘は普通のRPGと違いレベルを上げてひたすら攻撃しても
勝つことが出来ないので少しFEとかSPとかのシステムを理解しないといけませんが飽き憎いので市販のRPGがあんまり好きじゃない人も楽しめると思います。

世界観が混沌としていてブラックジョークも多いので苦手な人もいるかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

簡単だけど奥の深い戦闘システム

2017年06月26日   丁寧語は難しい さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

R-18ゲーだけれども、R-18シーンカットで遊んでほしいゲームです。

このサークルの作品は戦闘システムが単純かつ重厚なのが特徴で、今作でも航空機の戦闘をしっかり再現しています。いろいろな戦法がとれるので、周回していろいろ戦法を楽しむのが楽しいゲームです。
(詳しい説明は他の人がすでに書いてるので省略します)

魔法で戦闘機と戦いたい方はどうぞプレイしてみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!クリアまで七時間程度

2017年06月24日   Ho-Ni SPG さん

このレビューは参考になった x 1人

レビュアーが選んだジャンル :

とにかくボリューム満点でクリアまでの時間が結構長い日本戦争ゲーム開発作品の中では珍しくコンパクトにまとまっており、
クリアまでの時間は難易度スタンダード・戦闘高速化で7時間程度、内容的には過去作から美味しいところをつまみ食いしたような内容となっており、
同サークルさんの作品が気になっているものの忙しくてなかなか手が出せない人にオススメの一品に仕上がっています。

本作の最大の特徴は航空機と魔法使いの少女が共闘するという独特な戦闘です。
敵はなかなかに手応えがあり、暖簾に腕押しのようなエロRPGに飽きてしまった方にはぜひともお試しいただきたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

新しい試み

2017年06月24日   豚骨 さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

バトルはターン制なんだけどFE(ユニットのスピードのようなもの)が導入されてて臨場感のあるバトルを試みています。行動する度に減っていくので(加速)を使って数値を増やすことが重要になっています。これを遅らせたり、はやくしたりするスキルもあってバトルが面白くなる工夫です。ミリタリー物が売りのサークルですが、詳しくなくても遊べるライト感もいい感じです。ハーレム姉妹丼endがなかったので自分的には少しがっかりだったのですが全体的によく調整されてるゲームに仕上がっています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!安定の日本戦争ゲーム開発クオリティ

2017年06月22日   電撃のmoonlight さん

このレビューは参考になった x 2人

レビュアーが選んだジャンル :

日本戦争ゲーム開発はいつも独特の世界観を表現し、私たちを驚かせてくれる。

新たに発売された本作もその例に漏れない名作である。


R-18要素が無いとなかなか売れないとのことからR-18要素の含まれる本作であるが、R-18要素がなくとも十分に楽しめるだけのシナリオとシステムが存在している。
実際、オプションから「R-18シーンを飛ばす」と設定できるのだから作者の自信が感じ取れると言うモノだ。

まぁこんなことは日本戦争ゲーム開発のゲームを一つでもプレイしたことがある人間であればだれでも当たり前のように知っていることではあるだろうと思うので、より深く話させていただく。

まず、最初に驚くのはゲームシステムだ。「加速」というシステムが非常に特徴的。
「加速ゲージ」がいわゆるMPの代わりに存在し、これを消費して行動する。そして加速の名の通り、これが少ないと、ATBゲージの上昇が少なくなってしまうのだ。そして「加速」というコマンドを実行する事で、これを回復することが出来る。
SPEEDなどといった形でATBゲージの上昇量が示されるゲームはそれなりに存在するが、それが変動し、ましてそれがゲージの形で表現されるゲーム等、私はこれが二度目の邂逅だ(なお一つ目はATBではないので少し条件が違うが)。
こういった、戦略的な表現を目指すシステムは敬遠されがちだが、本作は過去の「パトルの軍事博物館」がそうであったように、非常に明解に表現されている。日本戦争ゲーム開発の作るゲームの魅力の一つといえるだろう

キャラクターの多くも非常に魅力的である。クセが強い物も多いが、それも個性として非常に楽しめる。……流石に不快に思う人もいるのではないかと思う部分も無くはないが、それを恐れず突き進む日本戦争ゲーム開発には尊敬を抱かざるを得ない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!異世界+ミリタリー+カオス

2017年06月22日   shami さん

このレビューは参考になった x 2人

主人公が異世界に召喚されて仲間とともに戦うというある種王道なストーリーに、飛行機というミリタリー要素がうまく調和している作品です。

…が、随所にいろいろとぶっとんだネタが仕込まれており、思わず「大丈夫かこれ…」といいたくなるようなカオスな世界観を作り出しています。これについては好き嫌いが分かれるかもしれません。

戦闘についてはこの作品でもおすすめできるポイントです。FE(空戦エネルギー)という概念によって、うまくバランスが取れています。特にボスとの戦いなど長期戦になる場合には、油断するとFEが枯渇してまともに行動できなくなるので、FEを回復させつつ攻撃を考えなければなりません。
戦闘高速化ボタンも実装されているので、あまりストレスを感じさせることなく楽しむことができると思います。

体験版をやってみて世界観が気に入った方にはぜひおすすめできる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品ジャンル特集

最終更新日:11月24日

同人作品おすすめ特集

最終更新日:12月10日