「魔装変身カサネ」のレビュー一覧

DLsite専売
魔装変身カサネ
ホッケてーしょく
756 / 70pt (10%還元)
変身ヒロイン陵辱もののオリジナルマンガです。 普通?の女の子が成り行きで変身してラミアと戦います。 敗北バットエンドがあります。
PDF同梱
連続絶頂変身ヒロイン人外娘/モンスター娘レズ/女同士陵辱リョナ
  • 販売日: 2017年04月25日
  • 販売数: 470
  • (285)

軽いリョナとそしてぴっちりエロ!

2018年09月18日   らるあ さん

このレビューは参考になった x 0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

変身ヒロインと女怪人リョナエロ。

2018年05月24日   色月 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

構成はプロローグのレズエッチ、本編の全身拘束+締め付けリョナ、IFバッドエンドの3種類である。
基本ストーリーはオーソドックスであり、一般の女の娘が偶然から変身ヒロインとなり、エッチな目に合う、という内容だ。

しかしながら、そこで展開されるエロはマニアックであり、涙と鼻水でぐしゃぐしゃになるヒロインも「情けない」「惨めさ」をはっきりと示す。
バッドエンド編ではこれにマゾ変態性も加わり、より倒錯的となる。ソフトな心根なのに激しい苦痛を与える女怪人、その苦痛に気持ちよがるヒロインは特殊なシーン情景となっており、独特の淫靡さがある。

フェチズムと描きたいことの詰まった本作はとても好感のもてる作品であり、今後のカサネたちの物語が気になるものである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!超被虐性変身ヒロイン参上

2018年05月23日   Doctor Swimsuit さん

このレビューは参考になった x 0人

プロローグ・本編・バッドエンドでそれぞれ違ったプレイが愉しめる本作。
Hシーン以外にもプロローグでは日常パートを、本編ではバトル描写を楽しめます。
漫画作品としても読み応えがあり「キャラクターの掘り下げ描写がある方が捗る」という方に特にオススメ。

プロローグでは義理の姉によるクリップ責めが。
本編ではラミアの長い尾を使った拘束プレイが。
バッドエンドではより痛みや苦しみを伴うハードなプレイが展開されます。
それぞれ違った方向性のHシーンはどれも濃密な描写で実用性抜群。

メインのお相手となるラミアさんのキャラクターや、身体的特徴を活かしたプレイ内容がよく練られていました。
尾やその鱗を使った責めの描写がとにかく素晴らしかったです。
巻末に掲載されている「キャラクター紹介」の主人公の項を読んでからの方が物語に入りやすいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

被虐の快楽

2017年04月29日   なのらぶ さん

このレビューは参考になった x 1人

三本仕立ての構成ですが、プロローグから本編まではしっかり繋がっており、続き物として作られています。
エロシーンは少なめ、と表記されていましたが、バットエンドへ至るまでに必要な過程を描いており、愉しんで読む事ができます。
エロシーンも全く無いわけではありませんし、何より画力にエロさを感じます。
キャラクターも設定も魅力的で、次作への期待を感じられました。

しかしやはりというか、本作で一番濃厚なのはバットエンドの20ページで、おそらくこれこそが本当に描きたかった内容なのだろうと感じます。
シリーズ物にしたいが、描きたい物を描くとどうしようもなくお話が終わってしまう容赦のなさ。
逆境に立たされたヒロインにトドメを刺してしまう残酷さ。
そこに生じるジレンマを解消する為の三本構成なのだと思いました。

ラミアの毒による苦痛の快楽変換。
その上で指をひしゃげさせ、全身の骨を砕いていく拷問まがいの責め。
まるで安物の玩具のように壊されていく過程が見所でした。
ただ過剰な流血描写がある訳ではなく、猟奇的な要素は比較的少なめ。
肉体破壊の苦痛に快楽を感じているため、エロ調教として成立しています。
リョナに興味を持ち始めた方にオススメの一品です。


このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品ジャンル特集

最終更新日:9月14日

同人作品おすすめ特集

最終更新日:10月13日