「ユウコウテキナショウタイフメイノソンザイ2」のレビュー一覧

2018年07月25日 正午 割引終了
ユウコウテキナショウタイフメイノソンザイ2
04U
540円→ 432円 20%OFF
艦娘たちが鹵獲した港湾棲姫と面会した提督。 艤装を外しているからと、つい油断してしまい、巨大で威圧的な体格の彼女に迫られる。 覚悟する提督とは裏腹に、港湾棲姫はその豊満な肢体を押し付けてきて…!?
18禁マンガPNGPDF同梱コミケ87
  • 販売日: 2016年09月08日
  • 販売数: 185
  • (100)

オススメ!言葉少なに提督に甘える敵の大女

2016年09月09日   穂積 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 0人

鹵獲した敵の港湾と執務室で謁見するものの、Hな展開に流れていく話です。
艤装を外した、つまり武装解除状態なので、害はないと高をくくっていたら、間近に入室した彼女は想像以上の大女で、充分ステゴロでも命の危機を感じる相手だったと認識させられる提督です。
なお、作中では執務室の天井に頭をぶつける身長、提督を軽々と持ち上げる体格差などで巨躯が表現されています。
しかし、当の港湾は提督の殺害が目的ではないらしく、その体格に物を言わせて問答無用気味に性的な実力行使を始めます。
実を言うと後書きに「体格差を活かしたプレイを描ききれなかったのが心残り」と書かれているのですが、少なくとも私の個人的感想としては作者様の謙遜を含んだ自嘲のように思えました。
港湾ちゃんが提督の上に乗れば男を押しつぶしそうな大女の面積が感じられ、逆に彼が上になろうとすると身長差のせいで腰が届かないとか、長身女性とのHを絵的に表現する要点を過不足なく押さえていると評価できます。
一方で、その体格を武器に男に恐怖政治を敷くのではなく、猫がすり寄るように男に寄り添って甘える態度によって擬似的なおねショタのような感覚も得られます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品ジャンル特集

最終更新日:6月1日

同人作品おすすめ特集

最終更新日:6月20日