「八咫桜3 ~妊娠裁判有罪敗訴~」のレビュー一覧

2018年07月25日 正午 割引終了
八咫桜3 ~妊娠裁判有罪敗訴~
ぱいんとさいず
648円→ 518円 20%OFF
姦淫罪という罪に問われた3人の調査員、拷問裁判が今始まる。
18禁マンガJPEGPDF同梱コミケ89
  • 販売日: 2016年04月19日
  • 販売数: 205
  • (109)

オススメ!豊満な女捜査官が爆乳ボテ腹に育つまでをじっくりコトコト

2016年04月20日   穂積 さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 1人

同一シリーズ欄にも出ている通り「八咫桜」の3作目です。
2作目で軽く語られていましたが、本シリーズの世界観では「父親が分からない妊娠」をする事は姦淫罪に該当し、死刑も有り得る法がまかり通っていて、本作はその法廷が舞台です。
もっとも、法廷とは名ばかりで、満足な弁護も証人喚問もなく、繰り返されるのは女体を辱める肉体的尋問の数々です。

本作の特徴は時間の経過にあると思います。
冒頭で法廷に引き出された場面では、妊娠3ヶ月目でお腹が膨れ気味のアマガ、豊満ながらもお腹は平常なカイレンの状態が分かり易いアングルで描かれています。
この法廷はサンプルにも出ているような責め苦を数ヶ月単位で継続するため、女捜査官らが辱めに耐える様子と合わせて妊娠の進行状況が如実に描写されるのです。
妊娠5ヶ月過ぎるとアマガには母乳が出始め、度重なる陵辱でカイレンには妊娠の兆候が現れ、その後もページが進む毎にお腹が大きくなり、やがては片方が臨月で片方が妊娠3ヵ月目の体に到達し、妊娠7ヵ月目のオウゲンも加わり、3人分の爆乳ボテ腹が画面狭しと暴れ乱れるわけです。
ただ犯すのでも、ただ拷問するのでもなく、望まぬ命が自分の下腹部で無慈悲に育っていく女特有の苦悶が色濃く表現され、それでいて罪のない命のために我が身を省みずに耐え抜く母の強さが絶妙なギャップとなって食い込んできます。
そして、そんな必死に耐えた母達でも快楽には勝てずにタガが外れてしまう姿は最強の征服感をもたらしてくれます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品ジャンル特集

最終更新日:6月1日

同人作品おすすめ特集

最終更新日:6月20日