「放課後の姉 ~白濁輪姦陵辱の罠に陥ちた 雨宮真名」のレビュー一覧

放課後の姉 ~白濁輪姦陵辱の罠に陥ちた 雨宮真名
モニスタラッシュ / a Matures
1,404円 / 260pt 20%還元
学園一の巨乳美少女を襲う白濁輪姦陵辱の嵐! 罠を仕掛けたのは……。
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり体験版
  • 販売日: 2008年05月28日
  • DL : 1612
  •   
  • (950)

オススメ!無題

2015年04月29日   フォックス さん投稿数 : Best50

このレビューは参考になった x 1人

弟を守る為に身体を要求され始まる陵辱劇。
・・・なのですが、ヒロインが正気を保ち続けます。

こうしたシチュエーションですとしばらくすればヒロインが快楽に溺れ、中盤ころからは自分から腰を振り出すようなものですが、今作品のヒロインは泣きっぱなしです。

ラブもありますが、基本的にはとことん陵辱。
陵辱が苦手という方にはキツいかもしれませんが、陵辱大丈夫!という方には絵の品質も良く、大変オススメの作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!容赦なしの鬼畜ストーリー

2009年10月23日   グッタリン伯爵 さん

このレビューは参考になった x 3人

いじめられっこの弟を助けるために姉が教師や不良たちに体を差し出すというわりとありがちなストーリーですが、Hシーンがなかなかハードです。
陵辱調教ものの大半が「初めは嫌がりながらもだんだんと快楽にのまれ…」というパターンですが、この作品のヒロインは終始一貫嫌がり、泣き叫びます。(グロ表現はありませんが)
ライトな陵辱もの、ヒロインを堕とすシチュを希望の方にはオススメできませんが、ヒロインを徹底的にいたぶる真に鬼畜輪姦を希望される方には数少ないオススメソフトです。
エンディングも救いはあんまり無い(あるいみ救い?)ので苦手な方はスルーをオススメします。
CGやストーリーの長さは価格相応かなーと感じました。
人は選ぶ作品ですが、鬼畜シチュが好きな方はゼヒ、オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!両面において高品質!

2008年12月15日   けでぃ さん

このレビューは参考になった x 5人

サンプルを見ての通り、肌の色ツヤや肉の柔らかさといった、絵の
美しさについては文句なし。
そしてそれ以上に、陵辱・純愛の双方が両極端に素晴らしい!
陵辱においては私の大好きな「涙」がしっかりと描かれていること、
そしてかなり希少な「最後まで快楽堕ちせず、嫌がり続ける」が
守られている。これもすごく良い。
純愛については弟とのイベント。単なる恋人ではなく弟だから、
甘い愛情に背徳が加わって色気が増している。また、行為中の
喘ぎ声や淫語の内容なども陵辱時とは明らかに違っており、一作で二方向が
楽しめる。

陵辱好きにも、純愛好きにも、どちらにも薦められる作品です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!へヴィです

2008年07月01日   デール さん

このレビューは参考になった x 3人

内容は非常にハード。そこは覚悟して下さい。
ヒロインが可愛らしい分悲惨さがなお更引き立ちますね。
シチュエーションもハードな物をよくそろえています。
(一部甘い部分もありますが)
終盤でルート分岐するだけで他はサクサク進める事ができます。

しかしエンディング最後のヒロインの目が・・・目に焼きついて離れません。
良作ではありますが。かなりヘヴィな作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!凌辱劇の裏に隠された禁断の純愛

2008年06月12日  

このレビューは参考になった x 10人

商業作品「今日のおかず」シリーズからの移植作。
学校での陰惨な凌辱プレイと、家庭での姉×弟の背徳的な愛情プレイとの対比により、終盤まで起伏ある展開が続くシナリオ構成の作品です。回想数は10。ただし内2つはシーン内で複数のプレイが連続する形なので、実質的にHイベント数は12です。CG一枚あたりの差分が多いので変化もあり、お得感高し。
原画のRAYMON氏は既にエロ漫画で活躍されている方ですが、肉感と清楚のバランスが絶妙なヒロインの造型と美しい塗り、構図の上手さなどは流石といった感じでしょうか。
エスカレートする凌辱シーンは、人格を踏みにじる容赦ない暴力性が強く、ヒロインは最後まで快感に溺れる事なく苦痛と嫌悪しか感じません。特にヒロインが度々嘔吐する描写は凄惨の一言。また、犯されている間も弟を思うヒロインの母性愛ある姿は姉モノならではの味です。
選択肢によって終盤でルート分岐しますが、二つのエンディングはどちらも余韻のあるプレイ感を残すと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品ジャンル特集

最終更新日:6月1日

同人作品おすすめ特集

最終更新日:5月31日