「人妻・嬲る!」のレビュー一覧

人妻・嬲る!
おまぷー
972円 / 180pt 20%還元
かって人妻はかくも貞淑で貧乳であった!! 暴走族、昔捨てた男、そしてチリ紙交換の親父に貞淑な人妻が、剥がれ、嬲られ、凌辱され尽くす。
18禁同人ソフトデジタルコミックJPEG
  • 販売日: 2007年03月16日
  • DL : 245
  • (110)

「人妻・嬲る!」有無を言わさぬオールド生エロス

2008年02月15日   arinarie59 さん

このレビューは参考になった x 0人

レビュアーが選んだジャンル :

「少女縛め橋」「人妻・剥ぐ!」に続く昭和エロ劇画シリーズ第三弾で「人妻・剥ぐ!」と同じく原作・竜芳生による人妻シリーズ単行本のデジタル化である。前作同様、きちんとした、どんでん返しのあるストーリーが 7編収録されている。1979年から 80年にかけての雑誌連載、エロ劇画ブームの当時の盛り上がりが伝わるかのごとき、大人のエロス全開である。すぐに時代はロリコン美少女ブームへと移って行くのであるが……。

こうした、ドのつくような劇画作品は、今見ると、そのアナクロさ、当時としては、せいいっぱいのカッコウのつけかたが、どうしても滑稽に感じるところもある。それもまた魅力の一つと言えよう。また、意外な結末への希求が 4話「わがままに凌辱を」では、笑ってしまうバカバカしさにまで達する。3話「羞恥交換写真」でセルフヌードを撮影しようとする奥さんの姿(ラストシーンのその後みたいなイメージ)、7話「もう一度だけ」で大型バイクにまたがる奥さんも、カッコいいのだが、同時になかなか笑える姿である。

しかし、そういう風に茶化してみながらも、全体からかもしだされる、生々しいエロスは否定し難い。あの時代に、しっかりとそこにあったであろう昭和のエロ劇画が、安い雑誌の誌面から長い年月を経て、パソコンのディスプレイ上で鮮やかに甦っている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

同人作品ジャンル特集

最終更新日:4月13日

同人作品おすすめ特集

最終更新日:5月15日