({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年08月18日
シリーズ名駆錬輝晶 クォルタ アメテュス
作家 しらそ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット94
ジャンル
ファイル容量
62.54MB

作品内容

オリジナル変身ヒロイン「クォルタ エメロード」の快楽責め陵辱調教漫画です。
敵の魔術で、エメロードの性感帯が敵の持っている宝石とリンクしてしまう。
なんとか戦おうとするも、宝石を舐められたり媚薬に沈められたりすると、放たれたザコ敵にすら勝てず、
宝石と身体への触手や舌などの二重の愛撫で、正義のヒロインは何度も敗北絶頂されられてしまう…。


漫画パートは29P、表紙や目次などを含めて合計34Pとなります。

※C94(2018年8月12日)に先行配布したものと同内容になります。

駆錬輝晶 クォルタ アメテュス #20の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「駆錬輝晶 クォルタ アメテュス #20」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(2) レズ/女同士(2)
おすすめ!新ヒロインながらも安定したエロ

2018年08月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

本来ならもっと活躍できるヒロインが
搦め手によりなすすべなく快楽染められていくという
とても滾る展開となっている。
変身ヒロイン好きなら買って損はないし、
今作で初登場のヒロインな為元々このサークルを
気にしていた人にもおすすめ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!遠隔快楽で屈しちゃう変身ヒロイン。

2018年08月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

本作のメインはサンプル紹介でも強く推されているように、身体を直接触れられずに嬲られるという、性感帯リンクという特殊内容となっている。冒頭の格好いいお姉さん系正義ヒロインが文字通り、全身媚薬漬けやしゃぶりつくされるので、ジャンルファン垂涎の快楽羞恥責めが堪能できる。

性感帯リンクはメインで扱っているため、全編でヒロイン・エメロードはこれに翻弄されるが、その様を雑魚敵(本来なら楽勝であることを繰り返し強調)、クラウディ(レズ敵)の言葉責めなどなどで効果的に煽ってくる。特に終盤の使い方はここまでやるかと驚くほどアブノーマルであり、特殊状況を最大限に描き切ろうとする熱意もエロスとともに伝わって嬉しい。

この演出強化の状況・道具立ての中で、特筆すべきは、局所的な弱点である乳首責めもメイン同然に生かしている点であろう。この乳首責めも調教的・開発的なやり口で弄られまくり、クラウディ好みの淫らな身体に変えられていってしまうエメロードの敗北感が丁寧に描かれている。

また、「追いつめられてゆく」という描写も力が入っており、細かいところもお読みいただきたい。たとえば快楽が蓄積されているさりげない描写として、前のページでは普通だった胸の突起部分が、徐々に服越しに浮き上がっているのがわかるシーンがある。
他にも雑魚戦の苦戦を示すように、少しずつ衣装の破れ目が増えているところなど、考え込まれてつくられている。そういった発見もおいしい本作、おすすめである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]