({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年08月17日
シリーズ名駆錬輝晶 クォルタ アメテュス
作家 しらそ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット94
ジャンル
ファイル容量
60.53MB

作品内容

オリジナル変身ヒロイン「クォルタ アルミネス」の快楽責め陵辱調教漫画です。
電脳空間に潜り込んだアルミネスだが、それは罠であり逆に悪のセキュリティシステムに捕らえられてしまう。
身体中の弱点を解析され、自分の武器をハッキングされて性玩具として利用され、更には直接身体にチキチキと快楽パルスを流され、性感弱点情報を把握し尽くした的確な責めの前に正義のヒロインは屈してしまう…。

といった機械姦チキチキな内容です。

漫画パートは29P、表紙や目次などを含めて合計34Pとなります。

※C94(2018年8月12日)に先行配布したものと同内容になります。

駆錬輝晶 クォルタ アメテュス #19の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「駆錬輝晶 クォルタ アメテュス #19」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(2) 機械姦(2)
勝気なヒロインが快楽に悶えていく

2018年08月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

見どころは、様々な点で
身も心も抵抗させないようにされている点。
一つは、快感に対して否定する、という『強がり』すら
ステータスのように表示されてしまうため筒抜けとなってしまう
一つは、信頼を寄せている武器すら自身を責める道具となり果ててしまう。
そして、もう一つは、ネタバレとなってしまうので
詳しく言えないが次の受難が楽しみになる展開となっているところと見どころが目白押しとなっている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!羞恥と暴露に追い詰められてゆく変身ヒロイン。

2018年08月18日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

敵に捕まってエッチな責苦に屈しちゃうヒロインピンチ作品である。ヒロイン・アルミネスは最後まで生意気な抵抗を続けるため、その分長く「嫌なのに感じちゃう」屈服感を味わえる仕様となっている。

さて、本作は電脳空間での凌辱ということで、特徴的な道具立てに「エロパラメータ」ともいえる情報が付き纏うこととなる。エロい攻撃を受けるたびに、感じてしまうたびに、「効果大」「痙攣確認」「XXXによる快楽責めは大きく有効と判定」「セキュリティ踏破率…73%」といった文言・数値が常にアルミネスの周りに表示され、否が応にも「堕ちてゆく」を読者にも本人にも見せつける。
合わせて「暴かれる」という要素にも光るものがあり、とある手法で犯された結果、「快楽反応…増大」という文言表示などからアルミネスのマゾ変態的な傾向が暴露される。これは実際の快楽以外にも、羞恥による責めを具体化したものであり、アルミネスをより追いつめるとともに、健気に耐える様を楽しむ読者を高ぶらせる効果を持つ。

また細かいところにも力が入っている。一例をあげるならば衣装の破損である。本編はほぼ服を着たままの着衣エロだが、ページの進行に従い、衣服の重要箇所が敗れる。胸の部分がアウターからインナーと部分的に少しずつ剥がされ、最後には露出状態で責められる。こういった段階的なアーマーブレイクのような、メイン以外もフォローしているため、本作のエロスはさらに倍増するのである。

エピローグ部分も、これからの淫靡な受難を予想させ、それだけでも捗る。一つの作品としてまとまりのよく、エロスの刺激力の高い名品である。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]