({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年07月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
58.8MB

作品内容

■あらすじ

とあるアパートのとある家―。

それは何の変哲もないいつもの日だった。


しかし、それとは真逆の状態ある、
期待と興奮で胸の高鳴りを抑えきれずにいる、
とある少年がいた。


なぜなら美人で巨乳のエロい人妻の家へ
パソコン修理をしに行く途中だったからだ。



『ごめんないさいね急に呼んじゃって』



『あっいえ…全然大丈夫です…』



『もう…終わります』



少年は、人妻の家で二人きりだ。

パソコンの修理といってもちょっと詳しい人なら
ダウンロードとインストールくらいの数分で解決できる
簡単なメンテナンスだ。

その数分の間でも
童貞MAXの少年にとっては
Gカップほどありそうな、
弾力とカーディガンからはち切れそうな、
そんなおっぱいを目に焼き付け、
なんならこれをオカズに今晩シコシコといく魂胆だ。



『ありがとうショウくん』


『何かしてほしいことある…?』


『あっ…あっべべべ別に…』


『…?』


少年は猛烈にアセった。
人妻は後ろから巨乳をムギュうっと当てきて
お礼を迫ってくるのだ。

いや、少年はそこにアセったのではない。
その巨乳のエロ圧に
チ〇ポが勃起したのだ。
それはズボン上からでもわかる
中国の山奥の山中がごとくこんもりとしているのだ。


いや、さらにいうとそこにアセたのではない。
その勃起が人妻にバレてしまったことだ。


少年はすぐさま
両足をキュッと内側に入れ隠そうとするも
もうすでに遅かった。



『ショウくん…彼女とかいるの?』



そんなとき、急な質問を投げかけてくる人妻。
何の理由でそんなことを聞いてくるのかは分からないが
少年の動揺にすさまじく切り込んでくる
その様子は完全に”エロ”そのものだった。


『え?あっ…いっいっいっいっいません!!』



チュッ



少年は突如キスをされ、
なにが起こったのか混乱MAXで
脳天ブチぬかれ放心状態MAXだった。



『ショウくん…おばさんのことやらしい目でみてるでしょ…』



『…あっいえ…』



『あああッ!おばさんちょっと…あっあっあああッ!!』



次の瞬間、
スルっとズボンを下ろされ
じゅぼじゅぼフ〇ラをしはじめたのだ。

少年ははじめての感触とそのエロさに興奮絶頂。
言葉では『やめて』というがそれはウソだ、
童貞MAXの少年にとってもはやこの流れは最高だ。

どんどん奥へ進みたいのだ。



『ショウくんこういうのイヤ?』


『あっそのっ…いえ…』


『おばさんの…さわってみる?』



こんなスーパーエロった勧誘を抑えきれるはずもない。
少年はもう止められない。
興奮アドレナリンで満たされてしまった。


やさしく手ほどきをされパ〇ズリク〇ニ、、、
ゆっくりしっとり正常位バック騎乗位、、、



エロい人妻の熟したテクニックと
母性あるリードでチ〇ポ〇ンコ挿入を体験する、、、
そしてつぎから次へとセックスの限りを尽くし、


欲求不満なのか?

アソビなのか?


人妻は自らも発情し少年をオトナの世界へ引き込む。


やがて、少年は最後に
人妻の熟れた〇ンコ膣内へ
大量の精子を発射してしまう―。



基本24p、差分総数48p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「となりの人妻にロックオンされて筆おろしされまして。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件