({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年07月04日
シリーズ名正義のヒロイン無様敗北集
作家 鉄球
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
612.27MB

作品内容

本作はオリジナルの正義の変身ヒロインたちの敗北シーンをまとめたCG集の第三弾となります。
構成は基本CG11枚の本編差分194枚、文字なし差分を含めた合計枚数は388枚になります。
本作は敗北シーンをまとめたものとなっていますのでストリーとして続くものもありますが、ほとんどが独立したお話になっております。
登場キャラクター
・ハイブリッツァー楓 4シーン。
収録内容 活躍シーン、オナニー、女妖魔によるアナル責め、ライバルキャラからのレズ責め。
・ジャスティスハート・サイカ 5シーン
収録内容 スライム娘の敵怪人による凌辱、強制排泄(スカ注意)、三角木馬怪人に敗北、捕まり娼婦としての労働、女幹部への強制パイズリ奉仕。
スタージェムライダー 1シーン
収録内容 女幹部へのフェラ奉仕+強制公開排泄(スカ注意)。
女検視レオナ 1シーン
収録内容 強制娼婦労働。

正義のヒロイン無様敗北集3の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「正義のヒロイン無様敗北集3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!強いヒロインを屈服させたい人にお勧めです

2018年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ヒロピン好きにはオススメ

2018年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!高貴なヒロインたちが、雌豚に目覚めるショートストーリー集。

2018年07月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

敗北集であり、中にはバッドエンドルート確定を思わせる取り返しのつかない状況のものもある。いずれにせよ、傾向としては社会的・精神的に大きな傷をもたらす本気の凌辱であるため、ハードな嗜好を求める方にはうってつけであろう。
ヒロインたちはいずれも己の強さ・正義に忠実であるため、相手には不屈の意志を見せる。この生意気さがかなり良いスパイスとなり、責めを進めるごとに堕ちてゆく様が映えるようになっている。
敵に何を言われても睨みながら言い返す強さは、不可逆のピンチのなかにも立ち向かうヒロイン性を輝かせている。そんな輝かんばかりの正義が一切の取り繕いもできぬほどにアヘ顔を晒す。
相手もレズっ気ありだったり、ねちっこい人間だったりと、穢し役もこのヒロインたちにピッタリの人物たちだ。「完全敗北」の4文字に心躍る人々にはおすすめの作品となっている。

なお、スカトロ表現については、ブツもしっかりと描いてるとご報告申し上げる。ただ「させる」だけではなく、羞恥ないし完全敗北の効果を高めるためにも利用されており、このあたりのマニアックさも本作独自の容赦なさを担っている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]