({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年07月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
72.48MB

作品内容

きっかけは本だった。

読書が好きだった俺は、昼休みや放課後の時間が空いている時に図書室へと行き
読書をするのが楽しみの一つとなっていた。

そんなある日、自分が受け持つクラスの生徒、笹原早苗
(大人しく口数も多い方ではないが相手を気遣ういい生徒だ)に声を掛けられた。

笹原も読書が趣味なようで、話せば好きな小説家やジャンルも同じだった。

以来、笹原とはよく本の話をするようになった。

本以外の話はあまりしないが、俺はそれだけでも嬉しかった。

しかし、俺はいつしか彼女に対してよからぬ感情を持つようになってしまった。

どうしても・・・どうしても目線が胸にいってしまうのだ。

顔立ちとは裏腹にたわわに実った胸が、白く艶のある肌が俺を欲情させる。

そして、次第に俺は教え子である笹原を頻繁にオカズにするようになり

更には、妄想だけで我慢しようとしていたはずが・・・


内容
・エロい身体付きの教え子に我慢できず手を出し、愛撫からの生ハメセックス(連続)
・教え子にフェラチオをして貰う&顔射、さらにお持ち帰り騎上位セックス
・教え子のたわわなおっぱいでパイズリをして貰う
・放課後まで我慢できず体操服の教え子と立ちバック
・休日に教え子と密会し野外プレイ&ラストは玩具責め

基本CG枚数13枚(内HCG11枚)+差分
文字有り、文字無し含め計121枚です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「俺を慕ってくれるJK教え子に我慢できず手を出してしまった話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件