({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
158.74MB

作品内容

・探偵サイドで明かされている設定。
そこはキュリーキュラ二十三区の中にあるマゴウギリと呼ばれる地
霧が発生しない日がなく、山々に囲まれた地であり神隠しの伝承などがあり
アマトコと助手は最近起きている怪奇現象の調査を開始する。
さて…その怪奇現象の正体とは…
・探偵サイドで判る事。
調教されたリチエというギャルのような格好の学生が調教済みで手遅れな事と
怪奇現象を起こしていた術使いを数名確認するもどうにもならないという事


・術師語り部サイドでの設定。
その地は術師が部下を鍛えるために創った試験場であり
試験監督のやり方次第で硬派な内容から随分と卑猥なものになる場合もあるという
今回の試験監督代理は術使いたちを惑わせるために使う必要のない
自由に使用して良い調教済みの人物を複数用意し
その地で鍛えられるべき部下たちを混乱させ
部下たちはとりあえず実験などをしてしまい怪奇現象が複数
起こっているという状況になっている。

・本編のおおまかな内容。
探偵助手はとりあえず怪しい調教済みのリチエを尾行していきます
リチエは彼女の中では彼氏である人物に状態を確認され、
その後複数人にまわされた後、彼氏とともにホテルへ行き
彼氏としっぽりしたあと別の術使いに渡され実験された後、開放されるも
精神的にほぼ手遅れな状態だと判る


本編47枚差分なし
本編47枚(文字なしver)

人物紹介

アマトコ・メイの事件簿 [緑のヲトコ研究所]

ニギ・リチエ
すでに調教済みの人物
元々は大人の女性として後輩に慕われたかった女学生。
あまりにも子供っぽいと呼ばれるため大人っぽい
服装や行動をしているうちに試験監督代理の忠実な配下の男に
ひっかかり画像のような形となっていった。
ただし一人称だけは直されることはなかった。

 

 

 

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アマトコ・メイの事件簿」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件