({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
15.58MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

とある喫茶店にJK2人とおっさんが1人…おっさんの方である俺は異様な緊張感に包まれていた。

というのも一人目のJK、愛華とは相思相愛の仲。
もう一人のJKはその愛華のイトコであるという。
この千陽(ちよ)ちゃんという子は、なんと愛華の父親から俺たちを「エッチなことをしないように見張ってくれ」と頼まれたらしく、ずっと俺を睨んでいる。

「私がいる限り愛華ちゃんに手を出すのは許しませんから!」

最初はそう言って憚らなかった千陽ちゃんだったが、ラブホの風呂で愛華に何を言われたのか、急に俺たちのセックスを見たいと言ってきた。

「おじさんのっ…いつもより…んっ…おっきぃ…私の子宮に入っちゃいそうだよぉ」

ついいつもより激しいセックスになってしまった。
その日はそれで終わったがその一週間後、なんと千陽ちゃんが愛華のケータイを勝手に使って俺をラブホに呼び出したのだ!

「あの日からずっと一人エッチしてるの…なのに、おま●こうずうずしっぱなしで…っ」
「お願い…セックス…して…ください…」

そんな風に可愛く懇願されて我慢できなかった…

「やぁ…恥ずかしい…ひゃあぁっ!」
「あぁっそこっ…だめぇっ…はぁっ…んんっ!」

いけないとわかっているのに、それから俺たちは体を重ねるようになり…そしてなぜかまさかの3Pに!?
モテ期のおじさんはチ●ポがいくつあっても足りない!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
全ページフルカラー,セリフ付き!!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
-----
※本作品は、原作の本文・画像等を、権利者様から許諾を頂いております。
-----

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ハメられたJKたち(11) 弱みを握って強制えっち~ナマイキ姪っ子編~ フルカラーコミック版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件