({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
57.1MB

作品内容

■あらすじ
『あなたごめんなさい』


『こんなのってよくないの』
『わかってるんだけど…』


夜―、とある住宅街
とある一軒家、、、


シーンと耳の中の音が聞こえるほど
静まり返ったそのリビングで
美人でむちむち巨乳の人妻は
スマホ片手に画面を見つめていた。


『異世界への素敵な出会い』


旦那とは長いセックスレスにある
その人妻は溜まりに溜まっていた。

女を忘れたくないというよりは
女の喜びにも似た欲求か、
人妻はそのサイトをクリックするのであった。


旦那への罪悪感はもちろんあるが
もう遅いのだ、
溜まり溜まった心と体はもう我慢の限界に
達しているのだ。


満たされたいのだ。
女として。



『キャ…』

『誰…?』



『ウヒヒ…』



そんな思いを胸に釈然としないままであるが、
就寝につこうとした矢先に
なにものかが目の前に現れたのだ。


こんな夜中に家に入ってくる者がいるなんてと
恐怖で声も出ない人妻。


それもそのはず、
目の前にはオークが立っているのだ。


ブタのような顔をし
あまりにも醜姿とあまりにも大きな体で
そこに立っているのだ、
そしてこう言い放った。



『人間オンナだ』



『射精してやるウヒヒ』



『きゃあああ!』

『なに!?なに!?何が起こってるの…!!』

『ここはどこ!?』



そこはどこかわからない森の中だった。
夢か現実か?
人妻に知る由もなかった
いや、そんあなことはもはやどうでもいいのだ。


なぜなら今目の前にいるのは
性欲に満ち溢れた醜いバケモノに
襲われようとしているからだ。



『きゃああああ!!』



もう遅かった。



恐怖と状況把握で混乱している間に
オークに取り押さえられてしまった
人妻は死に物狂いで叫ぶも
その声はどことも知らない森の深みの
中に吸収されどこにも届かなかった。



ゲームオーバー。



つぎの瞬間には
フ〇ラおっぱい舐め手〇ンと
激しい責めを食らう人妻であった。


化け物の腕力の前に必死の抵抗もむなしく
人妻はヤられまくった。
3Pだ。



正常位、パ〇ズリ、騎乗位など
おもちゃのように軽々と持ち上げられ
マ〇コめがけてオークは千〇ポを
ズボズボと挿入しまくるのである。



しかし人妻も女。
拒否をつづけていたが
体は反応していまっているのである。


久々のセックスにマ〇コは
自分の意志とは反対にじゅくじゅくに
濡れチ〇ポを欲しがっていたのだ。



オークはムラムラを処理するために
人妻をつづけてオカしまくる。
躊躇はない。
動物のようにひたすらにパコパコだ。



やがて人妻は快楽の頂点に達し
オークたちの中だしをうけいれまくる―。



基本24p、差分総数48p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「人妻がオークと遭ったら秒でハメられた。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件