({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月04日
シリーズ名黒岡奈々緒さん作品
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
14.08MB

作品内容

■ストーリー■

今は授業中。ボクはとても退屈をしていた。
半年も前に塾で習ったところを、学校の先生は得意げに教えてくる。
ペンを握ったまま溜息をついていると、隣の席から「ま〇こ、ま〇こ…」という声が聞こえてきた。
同じ塾に通っている女子だった。ボクと同じく授業を退屈だと思っているに違いない。
いたずらに笑うと「ま〇こ、ま〇こ…」と繰り返し言ってくる。退屈しのぎとはいえ…エロすぎる。
童貞のボクをからかっていることはすぐにわかったが、彼女の口から囁かれる
「ま〇こ…」の言葉に下半身は反応せずにはいられなかった…。
勃起したち〇ぽ。やり場のない欲求不満に苦悩しているボクを見て
「せんずりしちゃいなよ…」とそそのかしてくる彼女。
「ここは一番後ろの席だしバレやしないって」と、更に畳みかけてくる。
「ま〇こ、ま〇こ…」といやらしく囁き続ける彼女。すべてぶちまける覚悟でち〇ぽをシゴき続けるボク。
「あー、コイツマジでバカだわー。ち〇ぽシコれよ」と嘲笑する彼女。
その蔑む視線も言葉も童貞のボクにはとても心地よく上下する手は止まらない。
彼女は「精子飛ばせ、ち〇ぽイケ、派手に精子ぶちまけろ、クソ童貞が」と、酷い言葉で罵ってくる。
前の席に座っている女子に精子がブッかかってしまうくらいの勢いで大量に射精してしまった。
床に散らばった精子。みんなにバレてしまうんじゃないかという恐怖心と、後悔の念に押しつぶされそうだった。
ガタガタ震えているボクに、彼女が優しく話しかけてくる。一瞬天使のようにも思えたが、次の言葉に愕然とした。
「今あたしが手をあげて、先生呼んだらどうなるかな?」と言って不適に笑ったのだ。
-------------------------------------------------------------------------------
淫語&言葉責めでMのアナタを悩殺!
ドキドキするセリフを黒岡奈々緒様が
ココロを込めて読み上げてくれました。

女性に責められたい。怒られたい。
バカにされたい。命令されたい。射精管理されたい。
そんなMなアナタにオススメの作品です。

ワンコイン価格の100円!
全編11分44秒のショート作品です。

※お買い上げの方には台本(セリフ)も付いてきます。

※ワンコイン商品ということで、雑音、ノイズ等ある場合があります。
MP3形式でお届けいたします。

授業中なのに隣の女子が「ま〇こま〇こ…」と囁いてくるモンだから、我慢できずにその場でせんずり射精してしまいましたの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「授業中なのに隣の女子が「ま〇こま〇こ…」と囁いてくるモンだから、我慢できずにその場でせんずり射精してしまいました」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件