({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年05月18日
作家 ねっとりP太郎
シナリオ ねっとりP太郎
イラスト ねっとりP太郎
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
187.66MB

作品内容

■前編ストーリー

介護福祉NPOでボランティアをするヘルパーの千鶴は、最愛の夫とふたり暮らし。
子供ができないことを除けば、何不自由ない生活を送っていた。

脂の乗った若々しいその肉体は夫との性生活でも持て余しぎみ…子宝に恵まれない
ことだけが、唯一の憂いだった。

そんな折、昔世話をしたことのある家族からの介護ヘルプ依頼がNPOから回ってくる。
今では認知症になり支援対象者となった亀吉老人への介護ボランティアが、まさか、
千鶴の熟れた人妻肉壷に火を点けることになろうとは…



■後編ストーリー

亀吉老人の孫・亀麻呂とまで肉体関係を持ってしまった千鶴は、なんとか関係を
絶とうと苦悩するが、その心とは裏腹に身体は亀麻呂の巨根に侵蝕され続ける。

亀麻呂の執拗な中出し…千鶴も快楽を享受し、ついには気をやってしまう。
白濁にまみれたその身体の奥で、受胎の刻を迎えてしまうのだろうか…



前編「熟れた人妻肉壷の快楽受難編」

後編「白濁に悶える快楽受胎編」の二部構成の後編になります。

※同時に総集編も販売致しますので、後編は非常にお求め易い価格設定になっております。


■基本CG7枚+α 【イラストCG+ノベル形式】

■文字あり59ページ

■文字なし44ページ

■画面サイズは1920×1440ピクセル

注意事項

この作品は「カメの恩返し総集編(RJ225700)」と内容の重複があります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「カメの恩返し後編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件