DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月15日
シナリオ 赤松
イラスト ソリュウ
声優 浮藻くらげ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
39.28MB

作品内容

年下の、それも妹に、屈服させられる快感をを貴方へ。
長身少女に、ただひたすら言葉責めにされるシリーズ第二弾!!


【あらすじ】
急成長した妹に、背を抜かれてしまった兄。
自分より圧倒的に長身な妹に、どぎまぎして距離感を掴めないでいた。
大きな身体だけど、まだまだ心は未熟な妹。
そんな妹に突然、告白される。
『お兄ちゃん、私と結婚してよ』
チビな自分と、モデルの様な妹では釣り合わないと思った。
断っても、逃げても、粘着質かつ強引に迫られて――


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

【作品内容】

シーン0 プロローグ 2:29

シーン1 お風呂で密着して、全身洗ってあげるね 15:16
 ・最初のキス
 ・壁際に押し付けられ、おっぱいで身体洗い
 ・抱っこされてお人形扱い
 ・妹の太ももの上で、拘束手コキ

シーン2 お部屋でお仕置き、結婚してくれたら辞めてあげるよ? 14:23
 ・妹に包まれ、優しく介抱
 ・逆プロポーズ、そして強引なキス
 ・無理やりフェラ
 ・足裏で踏みつけ

シーン3 満員電車で、はじめてのセックス 10:51
 ・電車内で届かない立位、同情セックス


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ボイス:浮藻くらげ様
イラスト:ソリュウ様
シナリオ:赤松
制作:tallgirls ~長身少女~

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「もしも長身の妹に無理やり結婚を迫られたら」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

おすすめ!この妹容赦ねぇな

2018年06月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×5人

[作品内容]のシーン紹介を読んで、大事な初Hをなぜ満員電車でやるのかと疑問に思ったかもしれません。
実際に聞いてみると、演出上の必然性だったと気づかされました。
本人らがそこでヤるのを強く望んだわけではありません。
いえ、欲情した兄妹が場所を選ばなかったと言う意味では間違っていません。
ただ、どちらかと言ったら本作の根幹「体格差」を際立たせるためのギミックのひとつなのです。
例えば、安牌の自宅のベッドで事におよんだとしたら、横になって巨躯の妹が小柄な兄に合わせればいいので、体格差が目立ちにくかったかもしれません。
視覚情報の無い音声作品だと尚更です。
ところが、ギュウギュウ詰めの満員電車だと身動きが取れず、大柄な妹は腰を落としてあげることも、ましてや寝転がってあげることもできないのです。
自ずと、チビな兄が精いっぱい背伸びをするしかありません。
妹はその滑稽な様子を嘲笑気味に応援しつつも、衆人環視に近い状況に恥ずかしさを否定できなかったりします。
そこでも垣間見えるように、この妹は兄に対して少々高圧的です。
ヤンデレの枠組みに入れても差し支えない愛の重さで兄を慕いながらも、自身の体格をかさにきて、半ば暴力的に兄を服従させ、スキンシップを迫ったりしてきます。
いささか圧迫感のある愛を強要され、尚且つお世辞で塗り固めたのではない正直な体格差を突きつけ、実質的に兄の小ささを罵り、男としての尊厳を踏みにじるような発言まで飛び出す妹ではあるものの、根っこの部分ではラブラブという湾曲した趣向の作品です。
しかし、だからこそ音声媒体でも体格差が非常に際立っていて、的確にツボを押してくる巧妙な魅力がありました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]