({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 SMX工房フォローする
販売日 2018年10月01日
シリーズ名蕾の悦虐(ロリマゾ)
作家 濠門長恭
イラスト 藤間慎三
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数344ページ
ジャンル
ファイル容量
1.69MB

作品内容

御品書
R18/処女/継父/調教施設/集団調教/全裸身体検査/監禁/拘束衣/破瓜療法/全裸運動会
粗筋
 ママの再婚相手は、スキンシップと称してお風呂に乱入してくる変態さんです。ママもわたしをかばってくれません。
 夏休みが始まると、わたしは騙されて離れ小島の精神病院に強制入院させられました。そこはマゾ牝奴隷の調教施設だったのです。わたしの他にも、何人かの女性が監禁されています。わたしより若い女の子も男の娘もいます。不特定多数とのSEXを拒む女性は「男性嫌悪症」、マゾでない女性は「嫌虐症」なのだそうです。
 いきなり全裸で身体検査をされて、若い頃のママも出演しているオリエンテーションビデオを見させられました。
 施設には医師と男性看護師だけでなく、ボランティアと称する男性もいます。高級SMクラブのお客です。女性看護師もいますが、彼女たちもマゾ牝奴隷なのです。
 この施設の「治療方針」は行動療法です。正しい行動には褒美(快感)を、間違った行動には罰(拷問)を与えられます。作業療法と称して、HでSMチックな運動会とか無意味な荷物運びとかもさせられます。
 マゾ堕ちしたふりをしても、いろいろな検査をされて見破られてしまいます。わたしは、ほんとうにマゾ牝奴隷に調教されてしまうのでしょうか。

本文11万1千文字、原稿用紙換算で約338です。

強制入院マゾ馴致(前編)~絶海の孤島で繰り広げられる集団調教劇の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「強制入院マゾ馴致(前編)~絶海の孤島で繰り広げられる集団調教劇」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件