({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 性一教フォローする
販売日 2018年05月02日
シリーズ名蛮王記
作家 ゴト・ベイドー
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル
ファイル容量
61.38MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」または「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

人間以外にも高い知能を持ち社会制を築いてるある世界。
そんな世界のある片隅に、広大な土地を治める恐竜種の女貴族がいた。
彼女の名はユウティラヌエス=ファーリー。
酔狂伯の異名で知られる。

彼女もそうなのだが、一族の者達は恐竜の姿をしながら、戦を得意としなかった。
その為、近隣の竜人族の王朝が力を付け始めると、早くから服従し庇護を受け、自身は土地を耕しその多くを王朝に収めた。
民心にもよく施し、奴隷への待遇もよかったことで、周辺から多くの難民が集まり、これらを上手くまとめ土地をより豊かにした。
そのような治世が長く続いたことで彼女の土地は、王朝にとっての穀倉地帯となり、切っても切れない関係となっていった。

いつしか重要な人物となっていた彼女であったが、他の有力諸侯から評判は芳しいものではなかった。
奴隷商人の真似事や、戦にでない腰抜けであったということもあったのだが、それよりも人間の奴隷を愛人として飼っていたことの風当たりが強かったようだ。
酔狂伯の異名もその事から名付けられたのであった。

デカい恐竜風人外メス×人間男のエロい本になっております。
全20pで構成されております。

蛮王記~酔狂伯伝~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「蛮王記~酔狂伯伝~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件