DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年04月17日
最終更新日2018年05月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
491.57MB

作品内容

ある日を境に女性が巨大化する現象が日常茶飯事となり、巨大娘達が町を闊歩する日常風景となってしまった……。
という世界を描いた、CGイラスト集です。
一部例外を除いて、本作に於ける巨大娘のサイズは基本的に身長50m前後のサイズです。

全体的には世界観の紹介をメインとして進行。
主なシチュエーションは……

・巨大化が現実とは受け入れられず、ウロウロしているうちに都市破壊
・巨大娘の出現を伝えるテレビ報道
・建物をブチ壊して巨大化する子
・就業する巨大娘さん
・体格差約33倍でのセックス
・超特異的巨大娘の出現について

……等です。
なお、一部に超乳要素とふたなり要素が入っておりますのでその点ご留意ください。

基本CG枚数は36枚、本編枚数は158枚、その他文字無し差分や付録等込みで合計約430枚の収録。
また、基本画像サイズは1920×1080pxです。

「付録」の内容は、

・各巨大娘のプロフィールを掲載した「巨大娘図鑑」
・スマートフォンでの巨大娘撮影風画像集「巨大娘大撮影会」

の2本となっております。

バージョンアップ情報

  • 2018年05月28日
    誤字脱字修正
    誤字等の修正をしました。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「巨大娘大進撃~巨大娘の出現が日常茶飯事となった世界~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!親しくなりたいが

2018年04月24日  

このレビューは参考になった×0人

巨大娘という単語も定着しつつあるようです。この調子だとこの国はどうなるんだろうと思います。内容は本当の意味で、王道です。サイズフェチは潜在的に愛好家は多いのかもしれません。一応、巨大娘にも羞恥心があるのが安心します。おっぱいだけ巨大化する娘も居そうですが。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!素晴らしい、こういう巨大娘作品を待っていた

2018年04月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

恥ずかしげもなく個人的な趣味趣向を話すと、デッカい女の子が大好きです。
一方で、デカい女の子が小さき人々をひたすら踏み潰したり、傍若無人に町を闊歩する作品はあまり好きではありません。
矛盾するようでいて、明確な理由があります。
デカいならデカいなりのデメリットがあるはずで、長所ばかりを際立てて短所を置き去りにする描き方が肌に合わないのです。
その点で本作は最高です。
もちろん、巨大娘が存在する上で最低限度の理屈は多少ご都合主義なメカニズムに依っていて、自重で潰れるなどの最大のデメリットは議題に上がっていません。
しかし、それ以外の部分はリアリティーが満載で「もし日本に巨大娘化が多発したら?」というシミュレーションとして良くできています。
例えば、突如として巨大化したら着る服がなく、乙女の羞恥心に致命的な損害を受けるはずです。
また、巨大の過程や移動で建物を壊してしまったら、当然ながら死傷者が出るものの、バケモノではなく普通の女の子なので心穏やかではいられません。
それら実例を交えて、巨大娘の増加を描き、日本政府の対応と当人達の生活を監察しているのです。
特に、初の巨大娘と自衛隊の接触は秀逸です。
落ち着きを取り戻した巨大少女と隊員との会話がシュールで没入感を一気に高めてくれます。
巨大娘のお風呂事情はどうしているのか?言われてみれば大人になったら就職するよな?とか想像の斜め上を行く想定描写が妄想を加速させてくれます。

そして、本作にはもう一つの側面があります。
必ずしも元の体型のまま巨大化するのではないのです。
巨大な身長に加えて、同作者様の過去作を見れば想像に難くないバストが興奮を誘います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]