({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 NCPフォローする
販売日 2018年08月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
82.23MB

作品内容

もしもあなたが相手を見つめただけで即催眠支配できる力を手に入れたら…。誰もが簡単に自分の言いなりにできる世界。


≪あらすじ≫
もしあなたが催眠術を手に入れたら!?
俺がやっとの思いで身につけた、人を思い通りに操ることのできる能力。
しかもその力は絶大!相手を見つめただけで即催眠で相手の体だけでなく心まで操れる力だったら…。

いつも上から目線で俺を叱咤するバイト先の女店長。
些細なミスでも咎められ、馬鹿にされ、目の敵にされている。

口の悪い女店長に試してみたら効果絶大だった。
相手の目を見て「ヤらせろ」と言えば簡単に股を開いて、中出しだって拒む事はない。
俺の事を使えないゴミ扱いしていた店長も巨乳を揺らしてナマ挿入を懇願してくる。

バイト先を出て、井戸端会議中の人妻たちに、セックスしようよと声をかけると
喜んで服を脱ぎ、全裸になって尻を突き出す。
夫とは最近ご無沙汰らしい人妻穴に遠慮なくぶち込む。

次のオナホールを探して歩いていると、学生時代に告白して振られた恋歌と偶然再会する。
だが恋歌は晃のことなどすっかりと忘れていた。

なんで…?俺はこれまで恋歌のこと一瞬たりとも忘れた事なんてなかったのに…!
そして晃は催眠術で恋歌を自分のものにすることにした。

・催眠をかけた巨乳女店長にたっぷりと膣内射精。
・人妻を裸にして騎乗位で他人棒を咥えさせて強制絶頂。
・美人婦警を拘束して玩具と催眠で徹底調教し、恋歌の情報を聞き出す。

全ての女を征服させても晃の欲望は収まらない。
想い人、恋歌を手中に落とすまでは・・・

催眠で女を操り、手当たり次第にハメまくる鬼畜プレイが好きな方におすすめです。
フルカラーコミック
文字あり25P+文字なし25P+PDF版

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「絶対服従催眠~全ての女は俺専用の雌穴~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件