({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
262.12MB

作品内容

魔法力と肉体の強さが反比例する世界。
そこで氷魔法を極め魔導国家の頂点に君臨する『魔道氷姫』。

世界から魔法が喪失したとき、彼女は最強から世界最貧弱のモヤシっコに転落した。

無力になった魔導氷姫は密室で、美少女好き変態レズ幼馴染の性欲に蹂躙される。
冷たい魔導氷姫がじっくりとトロケさせられ、完全屈服する一部始終…。

フルカラー32ページの明るい性的いじめ&無様エロ漫画です。
後半に進むにつれて汗・汁大量になります。

●尻文字で命乞い
●長時間乳首責め&言葉責め
●ガニ股腰振り敗北宣言
●号泣本気おねだり
●汗だくセックス
●ふたなり化した女に大量中出しされて絶頂…など
※ふたなり要素は終盤のみです。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「魔導氷姫レティア 無力化密室強制仲良し」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

レズ/女同士(2) 言葉責め(2) 羞恥(2)
おすすめ!決して綺麗な作品じゃないからこそそこに淫靡さがある

2018年03月29日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

スカもましてやグロもないけれど
この作品の犯される側も犯す側も決して綺麗ではない
容姿が、ではなくその乱れ、乱す様が綺麗ではない
それだけ書くと、そんな作品のどこがいいの?と思われるかもしれない。
だけど、その様がいいのだ。
ヒロインたちが、涙や汗などによってどろどろになっていく様が素晴らしく興奮を覚える。
それは、作品の最後のページになった時にその様をもっと見てみたい、と名残惜しむほどに。
ただ、内容を詰め込んでいるせいか一コマに文字数が膨大にあるため、この作品は
dlsite play以外で見た方がいいかもしれない

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

完全敗北をマニアックに描いた作品。

2018年03月24日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

非常にフェティシズムに溢れており、とがった内容だ。レズ、変態嗜好、汗濡れなどなど、サンプルからもうかがえる充実ぶりで、濃いシーンが連続する。特に染みつきパンツの使い方がアブノーマルであり、必見ものだ。

氷姫の初めの最強ぶり、冷やかさは実力の高さを示し、屈服のさせ甲斐を煽る。力を発揮できなくなってからの弱弱しさは落差が大きく、先の最強描写も相まって魔人姫でなくとも苛めたくなるほどである。
今までの鬱憤を晴らすがごとくに性欲をぶつけられるので、プライドをズタボロにするような行為を次々強要される。
また殊更、魔人姫は氷姫本人に卑猥かつ屈辱的な言葉をいわせる。この言葉責めも主要部分となっているため、1ページ当たりにおける両姫のセリフ量は多めとなっており、魔人姫の執拗ぶりがテキストの内容と量で強調されている。

以上のように、嫌いな相手に好き放題される女の娘が大好きな方が惹かれるフルカラーコミックとなっている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]