({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月28日
シリーズ名自分同士レズ小説音声化企画
シナリオ Scer0411
イラスト カダン
声優 叶神
年齢指定
作品形式
ファイル形式
MP3
/ +アプリケーション
その他
ジャンル
ファイル容量
117.47MB

作品内容

雑貨屋の店主と付き合いの長い鹿島瑞樹は、これまでずっと探していた魔具が入荷したという情報を得て、興奮を隠せなかった。
彼女は、仕事が終わるとすぐに雑貨屋に向かい、その魔具、「鏡守」を手に入れる。
帰宅した瑞樹は、さっそく手に入れた「鏡守」を使って自分自身を分け身にしていたのだった…

■作品内容

(1)ノベルゲーム(フルボイス、CG1枚、差分50枚)

(2)ボイスドラマ(31分40秒)
01-プロローグ.mp3(1分48秒)
02-本編.mp3(26分16秒)
03-エピソード.mp3(2分08秒)
04-CVコメント.mp3(1分27秒)


(3)おまけ
クレジットなしのメインビジュアルの全身絵 「服付き.jpg」と「裸.jpg」二枚


■ボイスドラマの方はステレオ作品ですので、ご視聴される際は、スピーカーではなく、ヘッドフォンかイヤホンをお薦めします。

■ノベルゲームとボイスドラマの内容は同じです。分岐無し。
ご注意ください。

■ゲームで使われた背景は著作権フリーの素材を使用 しています。

■吉里吉里2で制作しています。
画面サイズ800×600。
体験版で動作のご確認をお願いします。


【クレジット(敬称略)】
企画:鳴海(https://twitter.com/narumi__2 )
脚本:Scer0411(https://twitter.com/scer0411 )
CV:叶神(https://twitter.com/miwa_kanae )
イラスト:カダン(https://www.pixiv.net/member.php?id=5321733 )
編集:ナルキッソスの天使(https://twitter.com/Angel_of_Narcis )
編集:鳴海(https://twitter.com/narumi__2 )
協力:Narle(https://twitter.com/Narcisslesbo )
協力:Blueversusred(http://blueversusred.net/ )


制作:同キャラ同好会(https://twitter.com/toh_les )
E-mail:sgw_kok@yahoo.co.jp

【ノベルゲーム+MP3ボイスドラマ】鏡守ー利用者のレポート 鹿島瑞樹編の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【ノベルゲーム+MP3ボイスドラマ】鏡守ー利用者のレポート 鹿島瑞樹編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!一番好きな作品です

2018年04月13日  

このレビューは参考になった×1人

今回でサークル3作目の作品みたいですが、今作は自分にとって大変気に入っています。
演出の方が作品を出す度にどんどん上手くなっていますし、今回の脚本の台詞選びや背景描写がとても良くて興奮させて貰いました。
最後の方などは声優さんは一人の筈なのに、本当に二人いると錯覚させるぐらいの演技力と演出には、さすがとしか言いようがありません。
次回作も本当に楽しみにしています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]