({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月28日
シリーズ名妹NN日記
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
169.84MB

作品内容

妹との近親相姦のためだけに全てをかける兄、実(みのる)。
子だくさんでも安心の環境を整えて、気兼ねなく近親相姦に励みます。
妹のことならなんでもわかる重度のシスコンスーパーお兄ちゃんは
今回も健在です。勿論妹の果恋(かれん)も、そんなお兄ちゃんラブの
ブラコンちゃんです、安心!

ラブラブ兄妹子作りライフを主に妹視点で綴った記録です。

・シーン1:普段の夜の生活♪

・シーン2:おふろでお兄ちゃんにおしっこを見せちゃう妹

・シーン3:妊娠中でもシちゃいます♪

・シーン4:2人目も妊娠してカラダがお兄ちゃんに変えられる悦び♪

・シーン5:いつまでも幸せな子作りをしましたとさ♪


基本16枚、SSつき画像246枚、テキストなし画像、未使用カット等合計564枚。
勿論今回もおまけで妊娠後の乳首の色素沈着差分を収録!
1600×1200 jpg形式
シリーズタイトル「妹NN日記」ですが、これ単体でお楽しみいただけます。

妹NN日記3-まいんだいあり3- いつでもナマナカ子作り兄妹の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「妹NN日記3-まいんだいあり3- いつでもナマナカ子作り兄妹」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!これはこれで

2018年04月30日  

このレビューは参考になった×0人

孕ませとボテ描写と近親相姦に特化したシリーズの2018年春現在の最新作。今回も母乳と出産は無い潔い仕様です。今回の妹さんは平均的な体という感じで、よりリアル寄りのボテ腹を見せてくれます。地の文でもきっちり書かれていますが、地味に妊娠を繰り返すごとに体型が変化してるのは注目すべき点でしょう。それにしても、七人妊娠しても若いまんまで羨ましいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!妹と幸せ交尾3

2018年03月05日  

このレビューは参考になった×0人

前作、前前作とはコンセプトは同じものの、話につながりはありませんので今作のみで楽しめます。今作はチャプターで題名がつけられ進行していく形だったので読みやすかったですね

ロリ系の妹もかわいいのですが、もう少し大人の説得力が増したこういう妹の大きなお腹を見ると、背徳感がこみ上げます。また、今作は妹のほうもかなりお兄ちゃんスキスキビームを発してきていて幸せな気持ちになります。胸も大きく、その乳首が黒く染まった描写はエロいいですね。美麗なCGも相変わらず素晴らしいです。ラブラブ系が好きなひとにはオススメしたい作品です

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

いつも通りです

2018年03月03日  

このレビューは参考になった×0人

兄と妹、妊娠目的のラブラブH、ボテ腹H、乳首色差分有、張りはあるけどサイズ相応に少し垂れ気味の胸、とある意味このサークルのいつも通りです。
軽い放尿有、母乳無。

シチュエーション的に共通という意味でのシリーズ物なだけなので、
過去作品との関連は(多分)ありません。
あるとしても間接的に会話に出てくる両親が過去作のカップルの誰かかもしれない、程度で、
それも根拠にするものはほぼ何もないので
シリーズものであることを意識することはありません。

瞳の色が薄い青系統のためか、塗りの印象が今までと随分違います。
この辺りはサンプルでご確認いただければ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]