({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
78.78MB

作品内容

女の子がひたすらブザマな姿で犯され遊ばれ続けるフルカラー!!


お前ら今日から人権ないから。

突然現れた1人の中年男がそう言い放ち、静かな隠れ里に突如地獄が訪れた。
女の子達はその日、絶対服従の 肉便器 と化した。

マトモな理由など存在しない。その男は、私達への 絶対命令権 を持っている、それだけだ。
突然降りかかった凌辱に、ただ身をゆだねるしかなくなった女性たちの、救いのない、
終りの無い凌辱をご覧いただきたく思います。

女の子達が、
『自由に犯して遊んでいい』肉便器、肉奴隷に堕ちた姿を見て、
元々の里の男達も最初は戸惑っていた。

しかし、その生々しいメスの姿に、犯していいんですよと促される言葉に、
徐々に馴染んでいく。女の子達を肉便器として扱い始めるその姿から遠慮が消えるまで、
それほど時間はかからなかった。

気づけば、里全体で女の子をブザマにブザマにブザマに凌辱し続けるだけの状況が完成していた。

処女膜を何時間も晒したあと、
最も嫌いな男を、初体験の相手にあてがわれる者…
話のついでに破瓜される者、様々なブザマが早々に披露された。

お尻に巨大なアナルビーズをはめ込んで踊り、
強制的に満面の笑みを浮かべる女の子は、笑いながら涙を流している。

壁からお尻が突きだしている…その下には、
その子の衣服。”洗濯”という名目で、その子のお尻やま●こからこぼれ出た液体が、
ぐちゃぐちゃに衣服を濡らしていた。

ひと目で壊れていると分かる瞳のまま、ブザマにがに股を開く女の子…

まともな世界などソコには無い。
まともではないが、…最高だ。

-------------------------
43ページフルカラー+αで送る尊厳完全はく奪レイプストーリー。
BUZAMA東方 フルカラー 2016年5月8日発行
BUZAMA東方(壊)    2017年10月17日発行
こちらの2冊に、追加イラストを加えた構成となっております。

★更に、試作として制作していた『2次元ハイレール 東方凌辱改変 』も同封

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「BUZAMA東方」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

鬼畜(2)
無様とはこういうこと

2018年03月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

容赦無用の全力凌辱

2018年02月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

非常にシンプルですがもはやタイトルが全てを表していると言って過言ではない、にゅう工房さんの新作!
ある時一人の男が幻想郷を訪れた瞬間から、そこにするむ全ての牝の運命は決定づけられました。
それは最低で最高に無様な姿を晒し、凌辱され尽くすということ。
一切の疑問の余地もなくその男が世界の支配者であるという事は決められていて、男のほんの気まぐれで幻想郷の女たちが次々とゴミのような扱いを受けていきます。
単純な催眠というよりは世界改変に近いと思います。
とにかくにゅう工房さんの作品が好きであったり、モノ以下の扱いを受ける女達の作品が好きであれば100%確実に満足できるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]