({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 SMX工房フォローする
販売日 2018年07月01日
作家 濠門長恭
イラスト 藤間慎三
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数220ページ
ジャンル
ファイル容量
1.44MB

作品内容

御品書
R18//戦時下/非国民/特高警察/全裸連行/拷問/母娘強制レズ/三角木馬/股間鞭打ち/ワニグチクリップ/電撃責め/金串/水責め/徹夜輪姦/淫唇縫合
粗筋
 母がスパイ容疑を認めたのだから、娘のお前も手助けをしていただろう――栄子まで特高警察に逮捕される。褌一本の裸体に縄を掛けられて警察署へ連行されて栄子は、三角木馬に乗せられた母と対面する。
 学校で何を習っていたか母に教えてやれ――と、母親の目の前で、娼婦の真似事をさせられて。
 どんなに潔白を訴えても、罪を認めるまで拷問される。それくらいなら――と、栄子は無実の罪を認めてしまうのだが。
  色仕掛けで父親から軍事機密を聞き出したのだろう。
  目立つお前は、下級生の女の子に使いを頼んだのではないか。
 さまざまな「容疑」を持ち出されて拷問が続けられる。
 特高警察の地方本部長まで二度と得られない獲物(ガイジン女と若い娘)に食指を動かす。ふたたび裸体を緊縛されて、本部まで汽車で護送されて、新聞に写真まで乗せられてしまう。
 座興に母娘でレズを演じさせられまでして。最後には、母娘は淫唇を封鎖(母は縫合、栄子は釘打ち)されて、食事も与えられず、ふたりの運命は風前の灯……

B6版20字×20行で本文(前編の粗筋は除く)213枚です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「非国民の烙淫:後編(母娘への凄惨な拷問)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件