({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月01日
イラスト 柳原ミツキ
声優 陽向葵ゅか
年齢指定
作品形式
ファイル形式
MP3
/ FLAC同梱 / M4A同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
総計 2.7GB
動作環境
FLAC,MP3,AACのいずれかが再生できること

作品内容

愛海(あみ)はちょっとぽっちゃりした、おっぱいの大きめの君の幼馴染。
そう。二人は幼馴染カップル!
デートの帰り、愛海の家に泊まりに行くことになったのだが、現在愛海の家のエアコンは故障中……。
その夜は涼しく過ごそうということで、おとなしくしていた二人だが、翌日目が覚めると……。
セミの鳴き声がうるさい猛暑の昼、汗だくべっちょりになってじゃれ合い、求め合い、絡み合う二人の身体……。
ある夏の日の物語。



【夏を表現】
真冬の12月リリースとなってしまいましたが、陽向葵さんの演技はもちろん、演出にも力を入れ、【夏】を感じていただけるよう様々な工夫を凝らしています。
聞いてみて下さい。
あなたの記憶の中の暑い暑い夏の日が鮮明に蘇り、聞き終わったときには、愛海との夏物語が記憶に焼き付いていることでしょう!



【幼馴染カップル】
幼馴染らしい飾りのない、じゃれ合うような言葉のやりとり。
完全に気を許すことのできる安心感、信頼、愛おしさ。
真夏の熱気の中で求め合い、没頭していく若い2人。
文字通り、熱演するのは人気絶頂!陽向葵ゅか。
彼女の熱い吐息を感じてください。



【今作のチャレンジ】
収録したのは「声」だけではありません
可能な限り同録できるそこにある「音」をすべて収録しました。
愛海の一連の動作からベッドの軋みまで。
演技と完全にリンクした言わば「生の効果音」を実現。
CVの陽向葵さんには、声だけではなく身体全部を使って演じていただきました。



【注目ポイント】
・音フェチ垂涎のちゅるちゅる、もぐもぐ食事シーン
・氷を口にふくんで耳舐め
・氷を行ったり来たりさせる濃厚なキス
・夏の熱気の中でいつもよりさらに熱い吐息
・パンツの上から吐きかける熱い息
・ゅかにゃんファンなら、ニヤリとしてしまうセリフたち?



【人気のプレイ】
VOICE LOVERと言えば「ささやき庵」に代表されるささやきプレイ。
癒しシーンにも大きく時間をさきました。
まとわりつくような耳舐めや、ぞくぞくする首筋舐めももちろん採用しています!



【確かなクオリティ】
もちろん音質、バイノーラル技術は安心安定のVOICE LOVERクオリティ!
ヒロインとの距離の近さはピカイチです!

下記の高音質音源を同梱しました。
MP3版(48kHz Fraunhofer - CBR 320 kbps)
 →ほとんどの機器で再生可能な一般的な形式。MP3で最高音質のCBR320kbpsで圧縮

AAC版(96kHz MP4 AAC-LC CBR 320 kbps)
 →ハイレゾ96kHzでの圧縮に対応したAAC形式拡張子はm4a。FLACに比べてファイルサイズが小さい

FLAC版(96kHz 24bit ロスレス)
 →圧縮による音質の劣化がないFLAC形式。同梱した3つの形式では最も高音質だがファイルサイズは大きい。

※体験版にもFLACを同梱しました。



☆☆☆ 作品内容 ☆☆☆

【本編】(AAC,MP3,FLAC)
01. え?これからうちに?! (02:15)
デートの帰り、愛海の家に泊まりたいという君。
「今うちのエアコン……壊れてるん……だよね……」

02. 愛海のお部屋でまったり (14:02)
愛海の作った手料理を食べたり、おしゃべりしたり。
お風呂上がりのアイスでクールダウン。
ちりりん……と鳴る風鈴。
窓から入る風が心地よい、癒しの夜。

03. 愛海のお部屋で膝枕(19:29)
心地よい風が入る部屋で、君にもたれかかる愛海。
お互い膝枕をし合ってうちわで扇いで涼んだり……
氷を口ふくんで、耳舐めしたり♪
眠くなった君に子守唄を聞かせる愛海。

04. 目が覚めると猛暑日だった!(13:43)
元気に鳴くセミたち。
生ぬるい風をかき回す、ちょっと古い扇風機。
汗だくの身体の愛海にちょっかいを出す君。
じゃれ合うような愛撫。
愛海だけをイかせてしまって怒られる……。

05. 愛海のターン (41:56)
口移しの麦茶。
汗びっちょりのおっぱいに、顔むぎゅう♪
さっきの仕返しとばかりに攻めまくる愛海。
結局、お耳ぺろぺろされながら昇天する君であった。

06. 一緒に気持ちよくなろ? (30:03)
仕返しも終わり、仲直りはやっぱりエッチで。
愛海は、君にまたがり合体!
暑さでふわふわして、どんどんエッチになる愛海。
ぐちょぐちょの身体。
絡み合う唾液。
顔にかかる息が熱い。
本能に導かれるま、獣のように昇天するふたり。

07. エピローグ(02:41)
今までありがとう。


【その他】
image.jpg イメージ画像

合計時間
2時間 4分 9秒

CV 陽向葵ゅか
イラスト 柳原ミツキ

本作品は、バイノーラルマイクで収録されたバイノーラル作品です。
ヘッドフォンでお楽しみください。

※本作品の一部または全部を無断複製・無断転載・無断アップロード・無断販売・無断レンタルすることを禁じます。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「夏物語 愛海 ★真夏の汗だくえっちは感度200ぱーせーんと!★」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

距離感が良い

2018年09月17日  

このレビューは参考になった×0人

幼馴染好きの方、陽向葵ゅかさんが好きな方は買って損はないんじゃないかなと思います。
夏が舞台ということで効果音なども相まってとても夏を感じることができました。
実際に陽向葵ゅかさんが自宅でダミーヘッドマイクを使って収録されたということで臨場感、距離感が素晴らしいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

シチュエーションが良い

2018年09月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

幼馴染というところと汗だくというところに惹かれ購入しました。幼馴染特有のかしこまらない感じが声優さんの演技で出てきて良かったと思います。また、汗だくというところは、プレイ中の水音がリアルで良かったと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

雰囲気が素晴らしい

2018年05月04日  

このレビューは参考になった×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!イチャイチャがヤバい

2018年03月31日  

このレビューは参考になった×1人

体験版とレビューをみて購入しましたが期待通りイチャつき加減がかなりヤバかったです。まさしくラブラブなカップルそのものといった感じで音声作品では軽視されがちな自然なHへの導入も違和感がなくてよかったです。
続編である春物語が出ることが決まっているらしいですが、この調子で秋冬と続いて年中イチャついててほしいものです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

汗だくっていうのがえろい

2018年03月13日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

声優さん目当てでの購入ですが、プレイがとってもえっちで大満足でした。お互いに暑い部屋で汗まみれのえっちというのがすごい興奮できます。暑くてけだるい感じの演技もえっちでした。いちゃいちゃまったりエッチが好きな方におすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

いちゃパートが醍醐味

2018年02月02日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

淫語に対してあまりいい印象を持てないので、かんたんにHパートに進む作品は苦手感がありました。

この作品は、総時間に対するHパートが短く設定されているので、私のような人でも、他作品以上に楽しめるのではないでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]