DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月30日
シリーズ名バッドエンドシミュレーション
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
128.07MB

作品内容

世界の平和を守るため、凶悪な敵に立ち向かう正義のヒロイン。
もしもそんな彼女が悪の力に敗れてしまったら?
凛々しいヒロインへの憧憬が生み出すバッドエンドへの期待を具現化。
戦闘から陵辱まで、完全敗北に至る過程を描くテキスト付きCG集。

Vol.2のテーマは「偽物」!
愛と光の美少女戦士が自分と同じ姿をもつ闇の刺客と対決する。


■基本 16枚
■差分 35枚
■テキスト表示/非表示差分あり
■総合 91ページ ※表紙、奥付等含む

【アンケート実施中】
この作品をご購読して頂いた読者様を対象に下記サイトでアンケートを実施中です。
回答ページ:
https://creativesurvey.com/ng/answers/eea9ec1d15450f1dedcc454ca1b7c9/
結果ページ:
https://creativesurvey.com/public/a49f556e0c16e04930793397e3ea65ce4dbc658f/result/

また作品と関連して「正義のヒロインが市民の手で陵辱されるシチュ」に関するアンケートも実施中です。
【「市民による陵辱シチュ」に関するご意見募集】
回答ページ:
https://creativesurvey.com/ng/answers/2109777bd1b05c3e8f8b48ee32976f/
結果ページ:
https://creativesurvey.com/public/89f44b875fa2e3e892dfc2d15378e1a599728789/result/

バッドエンドシミュレーション Vol.2の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「バッドエンドシミュレーション Vol.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(2)
第二弾

2017年12月24日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

前作は水の人でしたが
今回は○ィー○スですね
この人メインって結構少ないんじゃないでしょうか?
偽者っていうのが昔のアニメっぽくて良いですね
全裸が無いのは「変身ヒロイン作品物」としての
製作者様のこだわりかもしれませんがそこは注意してください
またアンケートを取っているので購入者も製作者も満足できる
そんな良い作品にしていきたい意思はわかります
こういうサークルは好感が持てます
絵の懐かしさ含めて気に入った人はオススメできます

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

僕らのためのテレビ絵本第二弾

2017年12月02日  

このレビューは参考になった×1人

絵柄といい、画面の構成といい、どことなく子供向けテレビまんが絵本の体裁をとることによって、「子供達の憧れの存在」が為す術もなく汚されてしまうというドキドキ感を演出した作品――の第二弾。
今回は、この手のヒロイン物お約束の偽物登場ということで、これがまた良いんですね。偽物の力が主人公を上回ってボロボロにやられてしまうの。偽物なんかに負けるわけにはいかないのに……というくやしさ、この屈辱感。たまらないですね。正直、エロシーンよりもこのくだりのほうが興奮するわけです。コスチュームの質感とか絶妙な破れ加減とかもすばらしい。
逆に、後半のエロシーンが案外にありきたりになってしまったようなきらいもあって、悪くはないけれど普通かな、と。そこは好みが分かれるかもしれませんね。
何にせよ、第三弾にも期待です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]