同人 > ボトムズ > 女王様のマゾカップル人間椅子 ~圧迫蹂躙処刑~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

【ヒロイン】


「女王様」 CV 井上果林

身長183センチ 体重84キロ
業界では伝説的なベテラン女王様
郊外の大豪邸を使用した高級SMクラブのオーナー。

あなた(視聴者)を気に入っており。
性的な奉仕仕事を一任させる予定。

富豪に生まれついたこともあり、自由奔放な人生を謳歌してきた。
唯一の悩みは、雇ったS嬢が全員自分に魅了されてM嬢へ転向してしまうこと。



「M嬢 (貴方の元女王様)」  CV 分倍河原シホ

身長160センチ 体重45キロ
キャリア2年目。
オーナーに憧れS嬢として最近このクラブに入会したが
間近でオーナーの強烈な責めを見ているうちに自分も調教されたいと考え始めるようになった。

オーナーの財産である視聴者の管理を命令されてSプレイを教えられていたが、その最中にM嬢への転向を懇願した為、めでたくM嬢として視聴者と同時に苛めて貰えることになった。

ちなみにS嬢としての適性は非常に高く、大抵のサークルでトップ女王として君臨可能なスペックを持っていた。



【目次】

01.女王様が置いて下さる美脚
02.女王様の視界に入れて頂く悦び
03.女王様に教えて頂く立場
04.女王様に刻んで頂く激痛
05.女王様に使って頂く光栄
06.女王様から直々に賜る処刑
EX.女王様に導いて頂く永遠


 
【作品時間】

54分04秒



【キャスト】

CV  井上果林
CV  分倍河原シホ
絵師 フローレンスハムシマ

作品情報/動作環境

作品番号
RJ211263
ファイル名/ファイル容量
RJ211263.zip / 405.69MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女王様のマゾカップル人間椅子 ~圧迫蹂躙処刑~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

M嬢よりもM男の方が優れていると思った瞬間、変な優越感が

2017年11月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

[作品内容]を読めばわかると思いますが、3人居るわけです。
主人公視点のM男(M♂)、ベテラン女王様(S♀)、新人S嬢から転身した若いM嬢(M♀)です。
この3と言う数字を有効活用する作品です。
例えば、S♀がM♀に折檻する、女から女へのSMを傍観者として聞くことができます。
一方で、鉾先がM♂に変わるシーンもあります。
かと思えば、S♀がM男女を同時に責める場面もあります。
加えて、バリエーションはS♀からの能動的な攻めに限りません。
女王様でありながら、わざと受け身に構えM♂に攻めさせるなんて変化球も楽しませてくれます。
それでいて、作品の[ジャンルタグ]「逆転無し」が示す通り、隙を見せて反逆されたのではなく、あくまで雄にしかできない方法で奉仕をさせているのであって、女王様の性処理道具になっている感が興奮を誘います。
それを含め、本作が巧妙なのは同じMでも男女に差をつけている所です。
同じ折檻でも、男女では痛がり方が違うし、当然ながら性器が違うので女王様が命じる行為も違います。
それを的確に罵倒してくるので、M♀よりも優位に立っている気になる変な競争意識が刺激されたり、女王様を一緒に享受する連帯感が生まれたりします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]