同人 > 日本戦争ゲーム開発 > 四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~

DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

諸君の目的は……。
四国を制圧し、ヒロインとHしたり、いっしょに観光したり、グルメを満喫しまくる事である!
さあ、四国の覇者となり、いざ豪遊せよ!



■ゲームジャンル
地域制圧型シミュレーションならぬ、"地方"制圧型シミュレーションだ。
内政や軍拡を行いつつ、29の実在エリアを制圧せよ。


■シナリオの雰囲気
四国の覇権を争う話だが、ラブコメチックで、グルメ作品的な雰囲気。
ヒロイン達と一緒に観光したり、特産品を味わって親睦を深めよう。
藍染体験、カツオ漁、柑橘食べ比べといった、四国ならではのイベントも満載。


■Hシーンの傾向
四国四県+αのヒロイン達とのHやイチャイチャ。
ナンパしたり、買春したり、ノリノリHだったり、騙してみたり、怒られたり、甘えてみたり。


■方言
方言効果で可愛さ100000倍!
シナリオが進んで仲良くならないと、方言を使わないキャラもいたりする。
特殊な表現にはルビを振っているので、県外の人にも安心だ。


■世界観
各エリアの人口、経済力、工業力、発電量などは、省庁が出している統計データを元に算出。
さらには現地取材も念入りに行った、とても四国なゲームである。


■作風
全体的に明るくコミカルな雰囲気。その一方で、戦略SLG部分は本格的。
ハードモードでは、手強い財政難と敵AIが待ち構えている。
難易度を下げれば、気軽に四国を満喫できる。


■仕様
・WindowsとAndroid対応
・基本CG 16枚(差分76)
・立ち絵 6人(差分63)
・四国関連グラフィック 約170枚
・プレイ時間 4~8時間程度(ハードモードの場合)
・体験版からセーブデータ引き継ぎ可能


■公式ページ
より詳しく知りたい方は公式サイトをご覧あれ。
http://wargame.jp/main/yonngokusi_sp/index.htm


◆プラットフォームごとの起動方法
・Windowsで遊びたい人
 exeファイルをダブルクリックするとゲームが始まる。
 特にインストールは必要ない。


・Androidで遊びたい人
 Android端末の「設定」→「セキュリティ」から、「提供元不明のアプリ」のインストールを許可する。
 そのうえで、DLsiteのマイページからapkファイルをインストール。


◆体験版について
ゲーム前半を選ぶ事ができます。
プログラミング作品なので、環境によってはうまく動かない可能性もあります。
できれば購入前に起動確認テストをお願いします。
なおセーブデータは製品版に自動で引き継がれます。

方言監修者が選ぶ! 四国のグルメな特産品が当たるキャンペーンについて

ゲームクリア後にアクセスできる「おまけページ」から、特産品が当たるキャンペーンに申し込む事ができます。

~景品リスト~
香川・・・酒池うどんセット
徳島・・・地元有名店のスイーツ
愛媛・・・四国志すぺしゃるランチョンマット(今治製) + α
高知・・・土佐弁監修者が買い付ける高知物産セット

~応募締切~
2018年1月31日いっぱい。


応募時に希望する県を選ぶ形式で、当選者は1県あたり一人の合計4人。
予算は総額2万円前後で、景品はいずれも方言監修者と協議して選んだ品となります。
ぜひゲームをクリアしてご応募ください!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ209685
ファイル名/ファイル容量
RJ209685.zip / 883.95MB (926891836Byte)
CPU
Celeron 1005M 1.90GHz相当以上
メモリ
2GB以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「四国志すぺしゃる ~酒池肉うどん戦記~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!史上最高の四国SLG!(笑)

2017年12月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前代未聞、新ジャンル四国SLGゲーム(笑) しかしその出来はネタゲーにあるまじき面白さを有している。
 SLG部分は至極まじめな上に、現実の四国とリンクさせているせいで妙なリアリティ。更にこれでもかと四国の魅力を詰め込んであり、思わず四国に行きたくなる不思議なゲーム。
 シナリオその他はつっこみどころは満載だけど、それも一つの魅力、是非是非体験版のプレイをお勧めする。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!フリー版を楽しめたなら

2017年12月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!相変わらずふざけたタイトル(褒め言葉)と真面目なゲーム性

2017年12月13日  

このレビューは参考になった×0人

プレイ時間・ハードモードで3時間ほど(体験版プレイ経験アリ)
タイトルで想像できるように、香川県が四国統一するまでのSLG。
ただ、普通のSLGではないところがさすがですね。
他の方のレビューにもあるように、四国各地の観光や産業について制作者の方々が撮影した数々の風景や産物・名物の写真は、実際に現地でしか味わえない空気感をうまくテキストに落とし込み、それがただの陣取りゲームではなく「四国統一」をしている気分にさせてくれる良い味付けになってます。
SLGの出来具合はさすがに文句なし。得意な人はハードがちょうどいい感じですし、面倒な人はイージーモードで四国各地を次々と踏破して「観光」するのもまた面白いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!四国を巡ってみたくなりました

2017年12月12日  

このレビューは参考になった×0人

私は戦略ゲーはあまり得意な方ではないですが、複雑すぎず簡単すぎずのちょうどよいバランスで最後まで楽しくプレイさせていただきました。

登場するキャラクターも可愛いキャラばかりでHシーンもとても満足いたしました。

また、日常会話シーンも楽しく四国を巡ってみたくなりました。四国に住んでる人も住んでない人にもおすすめできる素晴らしい作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!物凄い面白かった

2017年12月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

今までに無いようなアイデアに感じました。
四国の名産品、歴史等を兎に角紹介するようなゲームで、見て面白いやって面白いそしてエロいというゲームでした。
難易度も複数選べて、ストーリーも重苦しくなく、笑えて面白いストーリー。
なので気軽に遊べる制圧シミュレーションって感じました。
方言や四国の空気に兎に角こだわっており、独特の世界観や空気を最期までしっかり楽しめる内容になってます。
四国に興味ある方、尚且つエロいの好きな方!!是非プレイしてみてください!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!四国統一めざして観光旅行

2017年12月12日  

このレビューは参考になった×0人

戦略ゲームをプレイしていたと思ったら四国を観光旅行していた。
占領するたびその地方のディープな観光案内が始まります。
普通の観光情報では出てこないような地域が登場するだけでなく、
占領後イベントには観光スポットの写真まで入っている。
イベントはヒロインと主人公が観光しながらその地域の食べ物、地域、歴史まで話していきますが解説臭さはなく明るく楽しいものです。(食べ物に関して事細かに感想が入るのも個人的に非常に良かったです。)

難易度は真ん中のカジュアルでプレイしましたが(表記では肉うどん)、途中で行き詰ることなくテンポよく攻略が進んでいきました。

そして何よりゲームそこかしこにあふれかえるネタが面白い!
序盤から戦勝記念阿波踊りというワードが飛び出すほか、
戦略MAP上で使用するミサイルも名称、構造解説がぶっとんでおり退屈することがありません。
副知事の言葉通りCGシーンを飛ばしてもそれはそれで…(後でちゃんと回想シーンから見ました。ヒロインの方言も良かったです。)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]