({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月29日
作家 煩悩ストラテジ
シナリオ 煩悩ストラテジ
イラスト hai
声優 浅川あおい
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
320.81MB

作品内容

「おにいさんはボクに負けちゃうから。
 ボクの精子を受け取って完全敗北しちゃうからっ♪」


■コンセプト
聞き手が「男の娘」の手によって女装させられる音声作品。
男の娘に誘惑されるがまま同性との肉体関係を結び、
男性に奉仕する悦びを教え込まれていきます。
シチュエーションはこちらが男の娘に
手コキ、フェラ、全身リップなどを強要されて
最後にはお尻を掘られるようなものとなっております。
音声はリアル男の娘としてコスプレイヤー&声優活動しておられる、
浅川あおい様にご協力いただきました。
そのため、100%おち〇ぽ要素しかない内容となりますのでご留意ください…。


■あらすじ
「…ねえ、そこのおにいさん♪
 さっき…本屋で"男の娘"モノの本、手に取ってましたよね…?」
夜の繁華街、買い物帰りの(聞き手)に見知らぬ少女が声をかけてくる。
少女は自分が男であることを明かすと、
下心を隠しもせずに(聞き手)をホテルへと誘う。
そうして関係を持ちながら、(聞き手)が
男同士であっても勃起していることを確認すると、
「ふふっ、思った通り。
 やっぱり素質ありますよ…♪」
と悪戯な微笑みを浮かべ、ある提案を持ち掛けてくる。
「――ご自身で男の娘になってみませんか、おにいさん♪」


■トラック内容

[01]プロローグ(03分05秒)

「…ねえ、そこのおにいさん♪
 さっき…本屋で"男の娘"モノの本、手に取ってましたよね…?」
夜の繁華街、買い物帰りの(聞き手)に見知らぬ少女が声をかけてくる。
少女は自分が男であることを明かすと、
下心を隠しもせずに(聞き手)をホテルへと誘うのだが……。


[02]男の娘になりませんか?(10分50秒)

ホテルにて(聞き手)に身を寄せる男の娘。
関係を持ちながら相手が勃起していることを確認すると、
「ふふっ、思った通り。
 やっぱり素質ありますよ…♪」
と悪戯な微笑みを浮かべ、ある提案を持ち掛けてくる。
「――ご自身で男の娘になってみませんか、おにいさん♪」


[03]初めてのお着替え(05分29秒)

なし崩し的に女装をさせられることになった(聞き手)。
男の娘が用意した衣服に着替えさせられ、
メイクを施され…次第に男性としての尊厳を削り取られていく。
「どうですか、わたしのメイクテク。
 見違えたでしょ?
 まだ不十分ですけど…おにいさん、遠目からは"女の子"ですよ♪」
「これからゆっくりと内面も作り変えてあげます。
 男としてのおにいさんを削り取って…
 おねえさんとしての新しい意識を植え付けてあげる…♪」


[04]まずは手コキから(04分38秒)

「じゃあ手始めに男性器に慣れてもらいましょう♪」
そう言うと男の娘は(聞き手)の眼前にイチモツを晒し、
手で奉仕するように促す。
「うふふっ…同じオトコ同士なんだから、
 どう扱えば気持ち良くなってもらえるか…分かるよね?」


[05]お次はフェラチオ(10分09秒)

「手コキの後はもちろんお口でご奉仕♪
 同性のおち○ぽに尽くす悦び、しっかり教えてあげる…♪」
本格的に"男同士の性行為"を要求される(聞き手)。
次第に昂りを見せる男の娘は(聞き手)の頭部を抑えつけ、
まるで性処理道具でも扱うかのような粗暴なイラマチオに興じていく……。


[06]全身リップ強要(11分34秒)

男性器への奉仕を覚え込まされた(聞き手)は、
次に男の娘のカラダへの全身リップを求められる。
「くすっ…今のおにいさんは"女の子"♪
 ほら、ちゃんと男にご奉仕してください」
「胸、腋から股間、お尻の穴に至るまで。
 愛おしそうにオトコのカラダに舌を這わせるんです…♪」


[07]男同士のセックス(14分52秒)

すっかり男に対して興奮を覚えるように仕込まれた(聞き手)。
その様子を見て、男の娘は最後の仕上げと称した本番行為を提案してくる。
「さあ、ケツ穴広げて自分からオトコを求めてください♪」
「…ああ、まさか自分が挿入する側だとか思ってました?
 そんなわけ無いじゃないですか(笑)」
「おにいさんはぁ…"受け"になるんですよぉ。
 オトコの射精を受け止めて悦ぶオトコになるんです…♪」


■製作
製作:煩悩ストラテジ
イラスト:hai
ボイス:浅川あおい
(敬称略)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「オマエが男の娘になるんだよ!~ビッチな女装少年にオトコ同士のセックスを教え込まれておち○ぽ中毒に変えられるお話~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 8件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

男の娘(3) ホモ/男同士(3) アブノーマル(2) 調教(2)
良いです!

2018年08月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

こちらのサークルの作品を初めて購入しましたが、とても変わった作風で気になりました。
ぺニバン的な物は好きだったのですが、同性同士のセックスは非常に特有な物ですが、お尻の気持ち良さを知っている方でしたら
きっと気に入ってくれる作品かとおもいます。
また別の作品も気になりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!人を選ぶが刺さる人には物凄く刺さるフェチ作品

2018年07月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この音声作品は題名の通り、自分が受けとなって男の娘とエッチをする作品となっています。このタイプの作品は他媒体を通しても作品数が多いとは言い難く、この作品に出会えたことに私はとても感謝しています。
自分が挿入することは一切ない上、逆に自分がご奉仕を強制されるという点がM心を擽ります。
音声作品なので身なりを気にすることなく男の娘になることができるので、女装(受け)や男の娘(受け)に興味はあるものの自分の身体では似つかわしくないと思っている方は是非お聴きになって男の娘ご奉仕プレイをお楽しみください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!浅川あおいさん、、、最高

2018年03月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

リアル男の娘 浅川あおいさんが可愛い、そして小悪魔チックに、いたぶってくれます。こんな風に責められたら、本当に落ちてしまいそうです。男の娘に責められたい方はとても楽しめる作品です。一緒に落ちちゃいましょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

男であることを意識させられる男の娘もの

2018年02月25日  

このレビューは参考になった×0人

男です。
サンプルボイスを聞いていただければ分かってくださると思いますが、はっきりと男の声です。
俺は男の声で、男に嬲られ、女にさせられるからこそ興奮するんだ!という人にとってはたまらない、とってもフェチい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

男なのにメス化される喜びを味わいたい人向け

2017年12月07日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!願望があるなら是非

2017年12月04日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトル、シチュエーション、声に惹かれて買いました。
男の娘に言われるがままに、あれこれシていくだけでもぞくぞくします。ラストは声が我慢できなくなる位気持ちよくなってしまいました。
女装用の服だとかそういう類いのモノが無くても、「男の娘になってみたい」という願望があれば十分に楽しめるんじゃないかなと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]