同人 > 3 on 10 > 変態な俺は紳士にならざるを得ない

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
 代わり映えのないある日、妹のイオリと暮らす俺の元に、
 イオリの友達であるイマリという女の子が相談に訪れた。
 聞けばイマリは、ストーカーの被害に遭っているらしい。
 俺はイマリの護衛を引き受けることになったのだが……。


■スタッフ
 原画・彩色
  白浜灯

 脚本・演出
  めそ

 キャスト
  岡町ちなつ
  渡えむ

ヒロイン

変態な俺は紳士にならざるを得ない [3 on 10]

■イオリ(CV:岡町ちなつ)

「ですから、わたしは。わたしの兄が、他ならぬ兄さんだったことは。わたしにとっては、空前絶後の幸運でした」

主人公の妹。お菓子で言うと、チョコレート担当。
礼儀正しさを基調としながら、どこかあどけない部分も残る。
感性や感受性が豊かであるが、あまり表に出すことはない。
主人公に対する、さりげない毒舌がアクセント。

変態な俺は紳士にならざるを得ない [3 on 10]

■イマリ(CV:渡えむ)

「そう、あのね。あにいをあにいと見込んで、折り入って。相談したいことがあるんだよ」

イオリの友達。お菓子で言うと、ビスケット担当。
元気のよさと破天荒な性格の、両方をあわせ持っている。
謎掛けが好きで、隙きあらば何かと何かとを掛けてくる。
ビスケットと掛けまして、嫉妬と解きます。そのココロは。

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ208370
ファイル名/ファイル容量
RJ208370.zip / 196.93MB
CPU
Pentium4 1.5GHz 以上
メモリ
512MB 以上
HDD
200MB 以上
DirectX
5.0 以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「変態な俺は紳士にならざるを得ない」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件