同人 > 我が家の黒歴史 > ツインクワイエット > ツインクワイエット-深層洗脳 歪められた正義-

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年10月12日 0時
シリーズ名ツインクワイエット
シナリオ 三夜代
イラスト 三夜代
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー■
一般人には見る事も触る事も出来ない聖霊の力エーテルを使い悪と戦う変身ヒロイン「ツインクワイエット」
2人は最近起こっている女性の行方不明事件を追ううち、裏に暗躍する悪の組織の存在に気づく。
ツインクワイエットの片割れクワイエットアクア 八月朔日雫(ほうずみしずく)は敵の正体を暴くも、
人質を利用され捕らえられてしまう。はたしてアクアは悪の卑劣極まる洗脳実験を前に抗う事が出来るのか



■概要■
本作はツインクワイエットのうちの1人、クワイエットアクア八月朔日雫をメインにした前編になります。

着ているだけで身体を改造される強制奴隷スーツや洗脳装置、肉体改造など……
様々な手段で正義の使者であるクワイエットアクアを堕落へと誘います。

今作は特に正義が悪に染まる部分に力を入れています。
自分の準ずる正義の思想や礎を根底から侵され塗り替えられていく様をお楽しみください。

■シチュエーション
洗脳、肉体改造、拘束具強制装着、パイズリ、ニプルファック、 etc...

■ビジュアル
イベントCG枚数14枚
メインキャラクター立ち絵4枚
その他キャラクター立ち絵5枚(男性含む)
台詞差分282枚
文字なし差分242枚


:注意:
本作には身体の一部肥大化や、少量ですがアヘ顔が含まれます。
そういうものが苦手な方はご注意ください。
ロゴデザイン:朔田フトシ様

作品情報/動作環境

作品番号
RJ208260
ファイル名/ファイル容量
RJ208260.zip / 546.42MB (572966063Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ツインクワイエット-深層洗脳 歪められた正義-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!めっちゃシコれる

2017年10月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

自分は前作のものがとても性癖に刺さるものだったので買わせていただきました。奴隷洗脳用ぴっちりスーツ、洗脳装置etc等の悪堕ち洗脳ものが好きならば凄く濃いものが出ると思いますのでそのあたりが好きな方は是非。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!視覚情報全てに訴えてくる悪の浸食。

2017年10月17日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

薄い黒ピッチリスーツで全編調教されており、その徹底したフェティシズムは着衣エロ好きとして嬉しい。ただでさえ異様なスーツゆえに妖しげな艶やかさを醸しているが、スーツに照りかえる光沢具合も逐一適切であり、エロさを増している。

本作は「侵蝕される心」という演出がトップクラスの出来である。分かりやすいのはテキストフォントの色使いであるが、基本絵のいたるところに淫らに変わりゆく描写が示されている。
リングと髪留めはおそらくヒロインのコア部分といえ、正義の心そのものであると推測される。堕ちてゆくにしたがって、その部分が徐々に変異していく。悪心が染み広がってゆく描き方なので、大変ぞくぞくさせてくれる。

また汗の描写も堕ちゆくヒロインの演出に貢献している。序盤では行為前のヒロインは汗をかいていない。行為のさなかや絶頂前後で初めて汗がはっきりと表れてくる。汗をかく=発情状態という印象がここで刷り込まれる。後半では行為前からすでに汗を溢れさせており、常に発情状態でそれを抑えられないほど開発が進んでいるのが伝わってくる。
以上のように、本作は絵の細部にまで「侵蝕」の凝った演出施されているのである。

また敵もただの竿役ではなく、強く気高いヒロインが敗れるのも仕方のない実力者である。紹介にあるシチュからわかるように、マッドサイエンティストである。機械や技術によって責めてゆくが、自らの話術も駆使してゆく。
単なる言葉責めのことを指すのではない。ヒロインが自分の都合のよい駒となるよう、言葉での誘導が巧みなのである。力押しや幸運ではない、頭脳を使った責めも見られるのだ。このさりげないキャラ描写は、ヒロインが業の深い性嗜好を自ら受け入れるに至る理由づけになると同時に、敵の底の知れなさが際立ち、ヒロインの敗北がより一層浮き彫りになるのである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ぴっちりスーツの悪堕ちヒロインがエロい

2017年10月13日  

このレビューは参考になった×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!堕ちをわかっている

2017年10月13日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!待望の新作!

2017年10月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

我が家の黒歴史さんの第二作目は、性に疎い清楚巨乳系ヒロインの悪堕ちCG集です。

画像ビューワで閲覧するタイプの作品で、台詞の差分があります。
絵の枚数も非常にボリュームがあり、その枚数を惜しみなくぴっちりスーツに
裸身が透けて見えるヒロインの快楽調教と洗脳シーンに注ぎ込んでいくスタイルは今作でも変わりません。
洗脳調教にはお約束の、ハイライトが無くなった瞳や洗脳用デバイスなども登場し
ねっとりとヒロインが絡め捕られていく様は最高ですね。
続編はもう一人のヒロイン登場という事で、次作もとても楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]