同人 > ヨダカパン > 雨上がり、神社にて。

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年09月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

みんみんみん、じー…。
蝉の声が鳴り響き、昼下がりの太陽の光は容赦なく地上へと降り注ぐ。

その光を受けて、田舎道には二つの影が揺れていた。

「もうすぐ…夏休みだね、優くん」

「そうだね、雫は旅行の予定とかあるの?」

「うん、私は――…」

早坂雫(はやさか しずく)と石崎優太(いしざき ゆうた)は、

この日も仲睦まじく下校の帰路を共に辿っていた。

付き合ってから一年が経ち、二人は穏やかな幸せの中にいた。

夏休みになったら、どこに行こうかな―――。


だが、夏休み直前のある日、雫は偶然の再会を果たすことになる。

昔から大好きだった幼馴染の「お兄ちゃん」がこの田舎に帰省したのだ。

お兄ちゃんは何年も前から一人で上京していて、本当に久しぶりの再会だった。


神社の境内で腰掛け、雫とお兄ちゃんは懐かしさを
噛みしめながら話に華を咲かせていた。

(お兄ちゃん、なんだか前よりも、もっとかっこよくなったなぁ…)

そんなことを考えていた…その時だった。

「きゃっ…!!」

お兄ちゃんは、雫の体を押し倒して…迫ってくる。

嘘…ウソだよね? あの優しかったお兄ちゃんが…なんで……?

憧れのお兄ちゃんの変貌ぶりに混乱する雫だったが、
抵抗空しくそのまま体は重なってしまい――…。

----------------------------------------------------------------------

【概要】

人口減少が目立つ、とある田舎の町で起こった幼馴染同士の再会。

素朴で優しい彼氏を持つ可愛い美少女が大好きだった
年上のお兄ちゃんに何度もハメられ、
何度も膣内に射精されてしまうお話です。

困惑・恐怖・罪悪感・快楽…複雑な感情が渦巻く中、
女の子も最初は必死に抵抗をしますが、膣内出しを繰り返され、
次第に思春期の敏感な身体は、性の悦びを知っていってしまいます。

・田舎の通学路に生い茂る草の青くささ
・雨上がり、強い日光に照らされた生乾きの土の香り
・青空に一筋の飛行機雲を残して山の向こうへと飛び去っていくプロペラ機
・古木でできた神社境内の縁側に腰掛けた時の軋む音
・とっぷりと日が暮れた蒸し暑い夜に遠くから響く祭囃子
・誰もいない静かな駄菓子屋 室内の畳の香り
・空を赤く染めた夕暮れ時にこだまするカラスの鳴き声
・檜でできた古民家の浴槽に一滴の水がぽちゃんと落ちる音
・夕暮れ時に蜩が静かに合唱する声、木々が揺れる向かい風の音…

圧倒的な画力で描かれたイラストからは、
そうした夏の風景の発する「匂い」がすぐそこまでリアルに漂い、
「音」が今にも聞こえてきそうになります。

今この瞬間、まさに日本のどこかにある田舎町に
滞在しているような臨場感を味わいながら、この物語を
是非とも夏の御供としてお楽しみ頂けますと幸いです。

----------------------------------------------------------------------

【登場人物】

◇早坂 雫(はやさか しずく)

昔からの同い年の幼馴染、石崎優太と付き合っている。
丁度もうすぐ一年を迎える。

おっとりとした純粋無垢な性格。
しかし、それとは裏腹に世の中の色々なことに興味津々な面も。

しかし、田舎町でずっと育ってきた為に外の世界をあまり知らず、
のどかな毎日を彼氏と一緒に過ごしている。

早く彼氏と体を重ねたいと思ってはいるものの、
なかなか勇気を出してくれない彼氏に若干ヤキモキしつつ
原因は自分の魅力が足りないせいではないかと、内心悩んでいる。

幼い頃から年上の幼馴染「お兄ちゃん」とは一緒に泥塗れになって遊んできた。
当時から抱いていたお兄ちゃんへの思いは、それが淡い恋心なのか、
ただの憧れなのか、本人もしっかりと認識はできていない。


◇石崎 優太(いしざき ゆうた)

雫とは幼馴染で、これまでずっと同じ学校に通ってきた。
優しくも少しミステリスなところを持つ雫のことを
昔からずっと気にしていて、一年前に優太の方から告白した。

スポーツも勉強も人並みで、特にこれといった特徴はないが
優しい性格をしており、人付き合いもとても穏やか。

急激な変化や、強い刺激などは求めておらず、
これからも雫と平穏な日々をずっと送りたいと心の内で願っている。

奥手な性格が災いしてか、一年も付き合っているのに
未だに雫と体を重ねたことはない。


◇お兄ちゃん

雫と優太よりも年上で、二人とは昔から仲良しの幼馴染。

リーダーシップを持ち、優しく頼りがいのある性格で
周りからはお兄ちゃんと呼ばれ、慕われてきた。

数年前に一人で上京して、今は東京で生活をしている。
しかし、雫と優太が夏休みに入る直前、田舎に帰省してきた。

普段は誰にも弱みを見せないできた人間だが、
小さい頃から両親の下で抑圧された生き方を半ば強要されてきた為、
あらゆることを一人で抱え込んでしまう癖があり、
誰かに甘えたいという気持ちも人一倍持っている。

ずっと本当の妹のように思ってきた雫と偶然再会し、
その成長ぶりに思わず驚く。

----------------------------------------------------------------------

【備考】

◯基本CG:13枚
◯文字あり差分:164枚
◯文字なし差分: 58枚
◯PDF同梱

◯イラスト提供:五月猫
◯シナリオ:どーじま(ヨダカパン)
◯背景協力:きまぐれアフター様
◯サークル名:ヨダカパン
◯お問い合わせ先:yodakapan@gmail.com

作品情報/動作環境

作品番号
RJ207980
ファイル名/ファイル容量
RJ207980.zip / 528.41MB (554072974Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「雨上がり、神社にて。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件