同人 > FOOL´s ART GALLERY > おねえさん > 妹達にボクの童貞を奪われた件(汗)

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

彼女いない歴=年齢の冴えない大学生。
今日も勇気を出して好きな女性に告白するも玉砕。
これで何度目だろう・・・。
このまま彼女も出来ず童貞のまま一生を過ごすのか。
だが、まさかそんなボクの童貞を奪ったのは二人の妹だった!?

いかにも遊びまくってるギャル系でナマイキビッチな妹由香。
案の定失恋で落ち込んでるボクに容赦ない言葉。
「キャハハハ!またフラレたの?ダッサー!」
でもこうは言っても意外と兄思いの妹で、というかとてつもなく
エロいボディで・・・・。

もう一人の妹は由香と違って真面目で優等生な詩織。
だけどこんな真面目な妹の詩織が・・・。
「私お兄ちゃんのことが・・・、」

それぞれ一人ずつ妹と関係を持ってしまった後は3人兄妹で3Pも!
まさかこんなことになってしまうなんてボクはとんでもないことをやらかしてしまったのでは・・・。


CGは基本18枚、差分、文章・セリフ付き合わせて計219枚の内容になっております。
PDFデータも同梱。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ207825
ファイル名/ファイル容量
RJ207825.zip / 896.47MB (940022043Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

妹達にボクの童貞を奪われた件(汗)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹達にボクの童貞を奪われた件(汗)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

妹(2) セーラー服(2)

おすすめ!なんなら本番まで行かなくてもこんな姉妹と同居できるだけでも

2017年09月15日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ギャルJKが登場する所を見てもわかるように世界観は現代でありながら、下手な剣と魔法の冒険譚よりもファンタジーな気がします。
サンプルでは省かれていますが、本編では主人公視点を担う兄のビジュアルがしっかり描写されています。
見るからに冴えない眼鏡野郎です。
彼女いない歴の継続も頷けます。
しかし、そんな男の下にこんな極上のギャル妹なんて存在し得るものなの?
作者様の超絶美麗な作画で顕現したそれは仮に禁断のお近づきにならなかったとしても、ひとつ屋根の下で一緒に暮らしているだけでも神に感謝すべき僥倖です。
セーラー服によって惹き立てられた女体美は言うまでもないとして、表情の良さが思わぬダークホースでした。
兄妹ならではの距離の近さを実感できる砕けた笑顔、それでいて妖艶に誘惑する男慣れした余裕、妹の心情の変化が過不足なく読み取れて没入感を最上級に高めてくれます。
そして、忘れてならないもう一つのファンタジー、こんなギャル妹の下に、こんな清楚系次女って存在し得るの?
上妹と同等の美少女でありながら正反対な清純派、ひとつの家庭内で光と闇のトップランクが共存してるなんて、日常生活が目の毒に違いありません。
純粋にエロ面で言えば辛い物をたらふく食べた所に、ちょうど良く甘い物が差し出される至れり尽くせりの幸福です。
このように魅力を挙げれば切りがない一方で、個人的な最大のポイントは愛の強さです。
同作者様の作品は陵辱ものが少なく無いところ、本作は両妹ともラブラブで半ば嬉しい悲鳴の領域くらいの両手に花が最高です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!魅惑のJK姉妹

2017年09月15日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]