同人 > ミミズサウザンド > サキュバスに精液を搾り取られた勇者が魔王討伐をやめました

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■女性優位で一切逆転なし!
3匹のサキュバスにいろいろな手段で一方的に勇者が輪姦されていきます。
性欲処理のおもちゃのように精液を搾り取られていく勇者の様子をお楽しみください。


【あらすじ】
魔王討伐の最中、魔物との戦いで敗走した勇者が
3匹のサキュバスに捕らえられてしまう。
無邪気でエッチが大好きなビッチサキュバス、
優しい言葉で甘く囁くお姉さんサキュバス、
虐めるのが大好きな小悪魔サキュバス
3匹のサキュバスに精搾の限りを尽くされる日々が始まることに・・・。


■原画家
けーた.
あじふらい
永瀬ハルヒト


基本CG :15枚
文字差分 :428枚
文字無し差分 :347枚
総合計 :790枚


【主なプレイ内容】
■じゅぽじゅぽフェラチオ
■ぬきぬき素股
■押し付け背面セックス
■無理矢理ちんぐり返しセックス
■爆乳甘々パイズリ
■コキコキ搾乳手コキ
■パフパフ騎乗位
■胸埋め対面座位
■ガッチリホールド正常位
■グリグリ足コキ
■アナル舐め手コキ
■金的乳首アナル責め
■アナル尻尾責め騎乗位
■乳首責め逆アナル

作品情報/動作環境

作品番号
RJ205621
ファイル名/ファイル容量
RJ205621.zip / 1.38GB (1485194068Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「サキュバスに精液を搾り取られた勇者が魔王討伐をやめました」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

人外娘/モンスター娘(2) 逆レイプ(2)

3匹のサキュバスに搾り取られる

2017年08月23日  

このレビューは参考になった×0人

タイプが違う3匹のサキュバスに搾り取られる作品で、シチュエーションは割とよくあるものが多く、搾り取られるといってもそれほどハードなものは無い感じです。

大まかに言うと、割と普通なサキュバスと股間を足蹴にしたりしてくるSなサキュバスと、爆乳で優しく甘やかしてくれるサキュバスといったところですかね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!超ボリューミー

2017年08月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ここまでボリュームのあるCG集に出会ったことがないといいきれるほど枚数が多いです。その数443ページ。

台詞の差分も多く、勇者が搾られて行くさまを段階をおってみていくことが出来ます。

時折、カットインのように口元のアップなどが映る感じも見ごたえのひとつかと思います。

特に自分としては、最終的に逆アナル描写等もあったのが嬉しかったかな。
勇者がサキュバス村に住み着いてからの話が続編として出てくれないかとも思えてしまうほど気に入りました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]