同人 > ぽむぽむペイン > Dungeon of Nursery 苗床のダンジョン

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

なんの力も持たない少女が罠にかかり、謎のダンジョンを進む・・・
誰が何のために作ったのか?他に生存者はいるのか?
スライム、ゴブリン、牛男・・・槍、落石、火炎放射・・・
死の危険が潜むダンジョンの秘密を解き明かせるか!?

※注意!ゴア表現多数!ぽろりもあるよ

★ストーリー
トレジャーハンターの少女は廃墟にあるといういわく付きの宝箱の噂を耳にする。
新米の彼女は手っ取り早く名を上げる為に噂の廃墟に向かうことにする。
廃墟には複数の簡単なトラップがあり、まさしく怪しげな雰囲気であった。
難なく最深部に到達すると、確かに噂通りの大きな宝箱が。
彼女はうれしさのあまりトラップの確認を怠ってしまい、テレポータの餌食に・・・。

★推奨されるPC環境

・体験版で起動確認推奨です!

Windows7/8
CPU  :Core2Duo 2.6GHz 以上
メモリ :1G 以上
HDD空容量 :1GB 以上
解像度 :1024×768
Unityのアプリケーションがプレイできる環境

※上記性能は目安です。

※追記
・キャラクターが表示されない場合はVisual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしてください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48145

作品情報/動作環境

作品番号
RJ205272
ファイル名/ファイル容量
RJ205272.zip / 341.97MB (358580566Byte)
CPU
Core2Duo 2.6GHz 以上
メモリ
2G 以上
HDD
1GB 以上
DirectX
9

バージョンアップ情報

  • 2017年08月13日
    不具合修正
    キャラクターが表示されない場合はexeファイルの場所に生成されるoutput_log.txtを送って頂けると助かります。
  • 2017年08月12日
    誤字脱字修正不具合修正
    内部データの更新をしました。
    キャラクターの表示がされなかった方は今一度試していただけると幸いです。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Dungeon of Nursery 苗床のダンジョン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

血液/流血(2) リョナ(2)

ピックアップ

トライ&エラー

2017年08月11日  

このレビューは参考になった×5人

グラフィックはきれい。
動きはもっさりとした感じ。
ひたすら死んではトライ&エラーで
攻略法を探っていく。
キャラの動きや死にざま
左上にワイプでキャラの表情が
リアルタイムで見れるなど
こだわりのポイントが良い。
チェックポイントがステージ内に設置されているが
部屋ごとにはないので
死ぬと少し前からやり直しになる。
前述の通りもっさりした動きなので
戻るのにも時間がかかるのがややストレス。
キャラの喋りがなぜかささやく様なしゃべり方のため
聞き取りにくいのはご愛敬。
繰り返しの果てにうまくいった時の達成感は高いので
ソッチ系が好きでグロ耐性アリならおすすめ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

演出を楽しむゲーム

2017年08月15日  

このレビューは参考になった×2人

戦闘手段をもたない主人公の即死系アクションゲーム。
体力はあれど敵やトラップもまず即死なので、トライ&エラーを繰り返すことになる。
ジャンプ力が低いため、足場から落ちやすく、最悪ちょっとした高さにけつまずいただけで死ぬことも。

配置してある物には物理演算が使われてあり、処理も重めなのでその手のストレスゲーが嫌いな人には向かないと思われる。

ただし、死亡時やH系統の演出の数は豊富なので、やられリアクションの探索を目的としたほうが楽しめる。泣き顔などの表情の切り替わりが見やすいのも良い点。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]