({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■あらすじ
ある日くノ一の少女・牡丹は、妹弟子の夜鈴とともにくノ一の里の長に招集される。
里長の話では彼女たちの師匠がとある任務から帰還しないという。
師匠が侵入したのは女を色狂いに変える「鬼気」と言う邪気に毒された者、通称「半鬼」が巣食う屋敷だった。
実力不足を自覚しながらも任務を背負う事になった牡丹。
師匠ですら失敗して帰らぬ屋敷に侵入し、彼女は無事に里へ帰還することが出来るのだろうか……

■ゲーム内容
・女主人公の牡丹を操作する敗北エッチメインのエロRPGです。
・主なシチュエーションは陵辱・薬(鬼気(作中に出る強力な媚薬))漬けなどです。
 くノ一と言えども牡丹は若い少女です。暗殺者として潜り込んだ彼女に待つ陵辱の数々は彼女の命を奪う物がほとんどです。
 それ故、本ゲームのエッチシーンは一貫してハードな陵辱モノになりますのでご注意ください。
 (CGで直接的に切断断面や臓器露出などはございません(擦り傷やアザ、ボテ腹等があります))
・プレイ時間1時間半前後、短~中編のRPGツクールVXAce製和風RPGになります。
・回想部屋Hシーン数17(イベント用描き下ろしCG19種程)
・主人公牡丹の立ち絵可変差分含みでベース18種・半鬼拘束モード用局部カットインベース18種。

■システム
・敵の背後から接近することによって"暗殺"して倒すことができます。
・敵に見つかれば戦闘です、シンプルなコマンド選択式ターン制バトルで進めます。
・特定の敵はセクハラ類の攻撃をしてきます。左右に避けるQTE(クイックタイムイベント)で回避可能です。
・強敵である"半鬼"に捕まると少女である牡丹には為す術がなく"拘束モード"に入ります。
 (拘束モードは力で敵わない半鬼に対し、身体を差し出して陵辱されながらも隙きを突いて暗殺するモードです)
・要所要所に失敗すればそのまま敵の手中に堕ちてゲームオーバーになる危険な特殊イベントがあります。
・レベルアップなし、アイテム現地調達のみのスニーキング風RPGです。
・音声・難易度・陰毛・QTE速度の選択可能。

■注意
・必ず体験版での動作確認をお願いします。
・不具合の修正やバージョンアップなどで、内容を差し替える可能性があります。
 ですので再ダウンロードができるように、会員登録してからのご購入をできる限りお願いします。

■スペシャルサンクス
□PICOPICOSOFT(フニ)様・http://picosoft.blog.fc2.com/
師匠のくノ一楓のキャラデザ、立ち絵、イベントCG(1シーン)担当
□紫季亭 どゅきゅん 様・URLなし
主人公牡丹のCV担当
□ねんない 様・https://twitter.com/eencya
本ゲームタイトルロゴデザイン、制作担当


▼アップデート・バグ修正報告
■ver.1,02 2017/08/20
・見回りに見つかり警戒状態になった際に、マップ移動すると警戒状態を解除するように調整。
・設定からゲームオーバー時の死亡報告書の詳細をスキップ出来るように修正。
・夜鈴操作時の鬼ごっこの難易度を緩和。
※過去のアップデート内容は製品版ファイル内のアップデート報告txtに記載しております。

作品情報/動作環境

CPU
Intel(R) Pentium(R) III 1.0GHz相当以上
メモリ
512MB

バージョンアップ情報

  • 2017年08月20日
    不具合修正
  • 2017年08月05日
    不具合修正内容追加

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「くノ一牡丹」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ザ・凌辱モノ

2018年06月04日  

このレビューは参考になった×0人

くノ一が屋敷に侵入する=負ければ犯される。他にもくノ一が主人公の同人ゲームは数あれど、この作品は短編ながら長く楽しめる作品。ゲーム全体の構成はRPGですが、場面によってミニゲームのような部分もありプレイしていて飽きません。プレイヤーの選択によって若干のテキスト変化もあり何度もプレイしたくなります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!至高の傑作、短編の名手

2018年05月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

エロとゲームの融合という評に完全に納得させられました。密度と作り込みが凄すぎます。
急げば30分で走破できる尺に、別のゲームを複数作れそうな量の発想が惜しげもなく詰め込まれています。
マップデザインもギュッと詰まって多彩で面白く、狭さと画面切り替えを活かして小さなミッションを積み重ねていく感覚が楽しいです。
広義の「役割を演じるゲーム」ではありますが、感触は立ち絵の反応なども含めてアクションゲームに近く、普段ジャンルRPGに馴染めない人にこそおすすめしたいです。
CVは程好い匙加減で、台詞を読み上げられるのが苦手な私も大興奮でした。

性癖が合致すると命が危ぶまれるレベルで抜けます。死亡報告もエロスを引き立たせる重要な小道具と感じます。
攻略はそれなりに運も絡むので、最高難易度でセーブ禁止プレイすると吊り橋効果めいて更に興奮します。
不満はしいていえば、木馬迷路は暗記が通用してしまうので毎回ランダム生成であってほしかった、くらい。
鬼ごっこが楽になる前のバージョンも遊んでみたいです。

プレイヤーの操作に対する立ち絵やテキストの反応が小気味よく、特に「お散歩」のテンポはページをめくる指が震えるほどです。
状況に応じた差分が大量に用意されているのも素晴らしく、お散歩でいえば退いて達するのを連続するとテキストが分岐したり、その際にハート残量で分岐したり(横棒一本でなくハート型というのがまた良い)、立ち絵は乳首が立ち肌に赤みがさすなど、作り込みがいちいち下半身を苛みます。私の腕で差分を全部探すには十時間でも足りません。

プレイヤーが視線を奪われると「気を取られた私」が任務失敗する忍術ゲームや、プレイヤーが牢屋から飛び出す手に驚かされて反射的に戻るとその操作が「下がろうとした私」としてヒロインの運命に組み込まれるお散歩ゲームが、特に私に刺さりました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!噂にたがわぬ名作

2018年04月30日  

このレビューは参考になった×0人

戦闘中のイベントやダンジョン内におけるイベントなどのクオリティが非常に高い作品。またイベントの結果による衣服の変化などもステータスなどにしっかりと反映される。ここまで作りこまれた作品が1000円ほどで購入できることに驚きです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

半端ない

2018年03月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

半端ないエロス。
鬼に犯されながらもスキをついて倒すバトルシステムは何回も負けたくなる衝動にかられ、自制するのが大変でした。
アイテムも貴重なのですが途中から救済システムで気にならなくなるのもいいところだと思います。
クリアすればイベントの回想や、疑似バトルも楽しめて、最後まで楽しめる作品となっております。
短いながらもとても楽しめる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

短編ものでもエロはガッツリ

2018年03月12日  

このレビューは参考になった×0人

主人公はくノ一、目的はとある商人の暗殺です。
見張りに見つからないように屋敷内を探索します。
避けられる戦闘はなるべく避けて隙あらば背後からズバッと一撃で屠ることもできます。
ある種の敵は背後から討つことは出来ないので注意
敗北すると凌辱されてゲームオーバーです。
回復アイテムもわりと落ちているので、臆することなく全部やってしまうくらいの戦闘もありでしょう。

プレイ時間は2時間くらいですが、エロシーンは豊富です。
立ち絵もCGアニメーションも見ものです。
ストーリー上、くノ一が捕まれば腹パン的なシーンがあるので苦手な人は注意

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!くのいちエロし

2018年02月25日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]