同人 > SweetEdda > SweetEdda vol.2 ラミア編 大蛇の女傑シフ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

豊満で巨体のラミアのシフが
一人の少年を食す…
モンスター娘逆レイプ物



※丸呑みEND注意

■基本枚数26枚(漫画24ページ+人物紹介2枚)
■セリフ無し差分含む合計52枚
■PDFファイル同梱

フルカラー漫画形式で前回より差分は少ないですが
基本枚数は前回の2.5倍程

作品情報/動作環境

作品番号
RJ203932
ファイル名/ファイル容量
RJ203932.zip / 387.89MB (406737008Byte)
注意事項
スマートフォン版では【セリフ有り】のみの収録となっております。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「SweetEdda vol.2 ラミア編 大蛇の女傑シフ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

巨体の女性に食べられる作品

2017年07月28日  

このレビューは参考になった×0人

ショタのアップのシーンがあまりなく
ほとんどのシーンで全身が描かれているため
巨体の美女に責められている、という状況をより楽しめる。
終始逆レイプであり尚且つ上位の存在に弄ばれ続ける
といった内容となっており
相手がモンスターだというのを意識させられて
よくあるただ人間と容姿が違うといったモンスター娘とは
違ったキャラクター像となっている

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

大蛇なラミア

2017年07月21日  

このレビューは参考になった×1人

大きなラミアに買われてしまった少年がいろいろな意味で食べられる漫画となっています。
ラミア自体は人間の姿とラミアの姿を自由に変えられるのですが、人間での大きさでも少年の倍の大きさはあります。
ラミアの特徴である蛇の体も使っているので結構独特な感じ担っています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

骨がきしむレベルの抱擁、でもおっぱいは気持ち良い

2017年07月15日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

サンプルのごく一部に薄っすらと垣間見えていますが、このお姉さんは四六時中ラミアな体ではないみたいです。
作中でハッキリと明言されたわけではないものの、描写を見るに「人間モード」と「ラミアモード」を使い分ける事ができるようです。
だからと言って、それは人間サイズから大蛇サイズに巨大化する、という意味ではありません。
人間モードでもその身長は少年の倍あり、腰を曲げずに向かい合えば、彼の目線の高さはお姉さんの股間に位置します。
当然、抱き寄せた際の体格差は圧倒的です。
ベッドでお気に入りのテディベアを抱いているようなサイズ感は愛玩動物に執心する少女を連想する一方で、慈愛に満ちた母のようでもあります。
ただ、それらはどちらも不正解で、ラミアモードへのトランスフォームによって、獲物を貪る猛獣が本当の姿だったと思い知らされます。
若くて活きの良い雄を容赦なく貪る弱肉強食な男女関係がM向けの側面を色濃くする反面、全身を包み込まれる安心感や温かみは胎内回帰の悦楽を味わわせてくれます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]